損が少なく、利益は莫大。
これが真の損小利大です。

まずはこちらをご覧ください。

この実績は、大したことはないと思えるかもしれません。
しかし、私の教えた弟子は私以上に稼いでいる弟子が大勢います。

あなたがもし、
「FXを教えてもらっても稼げない」
と一瞬でも思ったことがあるなら
私に少しだけ時間をください。

あなたの夢と希望を現実にする手段を教えます。

地球は青かった

あなたもご存じの言葉でしょう。

「地球は青かった」

この言葉は、1961年4月12日、世界初の有人宇宙飛行として
ボストーク1号に単身搭乗した旧ソ連の軍人
「ユーリイ・ガガーリン」が語った言葉として、
日本では伝えられています。

この言葉はガガーリンの帰還後のインタビューで、
「地球は青みがかっており、宇宙は暗かった。
 そこ(宇宙)のどこにも神はいなかった。」
という一節が切り取られたもので、
日本では意訳して捉えられているのかも知れません。

しかし私は思います。

ガガーリンは遠く宇宙から地球を眺めたからこそ、
地球が青く美しく輝いていることを知ったのだと。

「今、自分がいる場所」

当たり前ですが、
「今、自分がいる場所」は、
「いつもと変わらない場所」です。

いつもと変わらない場所。
いつもと変わらない風景。
いつもと変わらない日常。
いつもと変わらない常識。

しかし、「今、自分がいる場所」から、
自分の常識では考えられない力で遠く離れた場所に飛び、
そこから「自分がいた場所」を振り返って見たとき、
ひょっとすると、その目には、
まったく違うものが映っているのかも知れません。

ガガーリンも、きっとそんな気持ちだったのでしょう。

ガガーリンは「ロケット」という力を借りて地球を離れ、
遠く宇宙から地球を見ました。

そのとき。
自分がよく知っている地球は、
宇宙から見ると全然違う存在だった。

そう。

いつもの場所が、
いつもの場所ではなくなっていたのです。

さて。

本日、これから私はあなたに、
「ロケットブレイクFX」という「ロケット」を授けます。

あなたがこの強力なロケットを利用すれば、
いつもの場所から、
いつもの場所ではないところに
いとも簡単に移動することができます。

そう。

「やってもやっても勝てない」と思っていた
「いつもの相場」が、
「やればやっただけ勝てる」と確信できる
「いつもの相場ではない相場」に変化するでしょう。

ガガーリンは「ロケット」という強力な力を借りて地球を離れ、
遠く宇宙から地球を見ました。

そして「地球が青かったこと」に気づきました。

あなたは、「ロケットブレイクFX」の力を借りることで、
「あなたが怯えながら向き合っている相場」が、
「あなたにザクザクとお金を与え続けてくれる相場」

であることに気づくでしょう。

今、あなたが稼げなかったら、
その稼げない場所を離れればいいのです。

いつもと変わらない風景に嫌気が差しているのならば、
さっさと過去の荷物を捨てて、
ロケットの力を借りてその場を離れれば良いのです。

あなたのロケットは間もなく発射します。

最初にお願いがあります。

これから私はあなたに、

「ロケットブレイクFX」の話を丁寧にしていきますが、その前に大事な質問をさせてください。

あなたは、
「やりたいことをいつまでに達成したいか」
を決めていますか?

私はあなたに、ロケットブレイクFXを通じて、
「やりたいことを必ず達成していただきたい」
と考えています。

いえ、正確に言うと、
あなたが何かを必ず達成するために、
私は「ロケットブレイクFX」を伝授したいと考えています。

  • 半年後までに会社をセミリタイアしたい
  • 1年以内に専業トレーダーになりたい
  • 3ヶ月後までにFXの月収で300万円を達成したい
  • 60日以内にセドナへ旅行に行きたい
  • 1年以内に月30万円を安定して稼げるようになりたい
  • 2年以内に年商3億円のビジネスを作りたい
  • 半年以内に結婚したい

・・・何でも結構です。

今すぐ頭の中で、
あなたがなぜFXを取り組むのか?を自問自答し、
あなた自身が達成したいことを考え、
そして、紙に書き出してください。

面倒ならば、紙に書き出さなくても、
頭の中で考え、頭に刻んでおくだけでも結構です。

また、自分のことが浮かばないのであれば、
対象を自分の大事な人に替えて、
誰のためにFXに取り組むのか?を考えても良いでしょう。

何かの行動をとる上で、
「何を達成するためにその行動をとるのか」
という目的を明確にしていればいるほど、
その目的は、いち早くあなたものになります。

あなたに刻まれた潜在意識が勝手に行動を開始し、
強力なエンジンになるからです。

ちなみに、上記の「例」の内、
「半年以内に結婚したい!!」ということ「以外」は、
ロケットブレイクFXであれば達成することが可能です。

難なく叶えることができるでしょう。

後述しますが、
私がロケットブレイクFXを教えた人間のうち、
実に「90%以上」の人間が稼げるトレーダーになっています。

彼らにも、最初に
「やりたいことをいつまでに達成したいか」
を決めてもらうことからはじめました。

繰り返します。

今すぐ、頭の中であなた自身が達成したいことを考え、
そして、紙に書き出してください。

これからの私のメッセージは、
あなた自身が達成したいことを明確にしてから、
読み進めてください。

準備はよろしいでしょうか。

ロケットに乗り、
目標を達成した教え子たち

まずは「ロケットブレイクFX」を利用して、

事前に考えた期間内に、
事前に考えたことを見事に達成した私の教え子たちを、
私からのインタビュー形式でご紹介します。

白戸さん(専業トレーダー)38歳 埼玉県在住
ロケットブレイクFX歴:3年

1年間、超集中して取り組んだ教材では結果が出ず、
知り合いの紹介でロケットブレイクFXに参加。

それまでの足踏み状態が信じられないくらいに、
あっと言う間に結果が出はじめ、
現在は250万円の資金に対し月利20%〜30%を稼ぎ
専業トレーダーに転身することに成功。

資金が倍にしてしまう月もあるという白戸さん。

先日、家族で行ったハワイ旅行では、
旅先トレードで旅費をまるまる稼いで帰ってきましたと
嬉しそうに報告してくれました。




朝日崇史さん(ミュージシャン)27歳 大阪府在住
ロケットブレイクFX歴:1年

まったくのど素人からスタートした朝日さんは、
自己流のトレードで資金と精神を削られてきました。

しかし、ロケットブレイクFXに取り組んでからは、
月間平均200Pipsを安定して取れるトレーダーに変身

ロケットブレイクFXの手法があまりにシンプルで、
「こんな簡単に利益をあげ続けて本当に良いのか?」
と不安になるときもまだあるようです。

今は、資金の不安がない珍しいミュージシャンとして、
音楽の世界で戦っていきたいと意気込んでいます。




原さん(会社員)50歳 広島県在住
ロケットブレイクFX歴:6ヶ月

開始2週間でいきなり200万円の収益をあげた原さんは、
今では、1日に10万円をコンスタントにあげています。

いろいろな手法やツールに手を染めてきましたが、
ロケットブレイクFXはシンプルで無駄なことがなく。

だからこそ、将来に渡って続けられると自信満々に断言。

原さんがこんなに稼いでいるとは誰も知らないようですが、
引き続き、会社員をやりながら副収入を稼いでいきたいと
心から安心した顔つきで語ってくれました。




いかがでしたでしょうか?

今回、インタビューをした私の教え子たちは、
何も「とりわけ優秀な教え子たち」を
私の判断でチョイスしたわけではありません。

私の呼びかけに素早く応じてくれた3人の教え子を、
ただチョイスしただけです。

まずはその点を誤解の無いようにしてください。

彼らは「ロケットブレイクFX」に取り組み、
「短期間」で「いとも簡単」に結果を出しました。

彼らは「ロケットブレイクFX」というロケットにより、
「得たい利益を得たいときに得ることができる力」

を獲得することに成功したのです。

私は3年以上前から、セミナーや対面を通じて、
「ロケットブレイクFX」を教えていますが、
上述した3人をはじめ、教え子の「90%以上」が、
稼げるトレーダーへと転身しました。

教え子の「90%以上」が結果を出しているのですから、
「再現性が高い」とかいう次元の話ではありません。

「ロケットブレイクFX」という手法の前では、
結果を出すことができて当たり前。

「再現性」という言葉はもう、無意味な言葉と化すのです。

私はここに宣言します。

このたび、私、谷藤一希は、
「ロケットブレイクFX」を
あなたに伝授するための塾を開校し、
どんな相場でも稼ぐメンバーを募集させていただきます。

教え子の90%以上を
勝てるトレーダーに変貌させる講師

私はあなたに「にわかには信じにくい話」を放り込みます。

あなたがお持ちの「常識」はこの場でそっと脇に置き、産まれてたての赤子のような柔らかい脳でお聞きください。

では参ります。

「ロケットブレイクFX」は難しいことは一切しません。
「ごくシンプル」な
「当たり前」のことを
「当たり前」にこなすことができれば良いだけなので、
初心者でもできる手法です。

その結果として。

私が「ロケットブレイクFX」を教えたメンバーのうち、
「90%以上」が勝てるトレーダーへと育っていきました。
そうです。

先ほどのインタビューでご覧いただいた私の教え子たちは、
たくさんの勝てるトレーダーの中の「一部」の教え子たちです。

つまり「氷山の一角」。

同様のトレーダーが、私の教え子にはうじゃうじゃいるのです。

この私の「成功確率90%以上という講師実績」に対し、
知り合いのトレーダーや、
同じように講師をやっている人から言われるのは、
「成功確率90%以上なんてあり得ない」という言葉。

しかし、一方で私に言わせると、
「なぜ、勝てるトレーダーが100%にならないのだろう」
という自戒と反省の思い。

そう。

残念ながら、私が講師として向き合っている教え子が、
「100%」稼げるトレーダーにはなっていないのです。

結果を出せない教え子が、数%存在しているのです。

でも、その数%の理由はわかっています。

その理由は実にシンプル。

それは、
「当たり前」のことを
「当たり前」にこなすことができない人がいるから。

・・・これに尽きます。

私が「やってください」と教えた、
「シンプルで、初心者でも当たり前にできること」
を、なぜか数%の人ができないのです。

勝つトレーダーになるためには、
絶対に必要なことであるにもかかわらず、できない。

その人のこれまでの長い「歴史」が「人格」を作ります。

そして、その「人格」が、その人の「常識」を作ります。

確かにその人が作り上げた「常識」は、
その人が「マトモな社会生活」を送るためには、
非常に重要な「要素」なのでしょう。

その人にとって、その「常識」は、
自分を守るものであり、自分を形成するものですから、
なかなか捨てることができない。

結果として、その常識が足かせとなってしまい、
どうしても素直に新しいことができない。

いつでも、どこでも、いくらでも稼ぐ力がある私が、
「稼ぐためには絶対に必要なことだ」と言っているのに、
こうした「常識人」は素直に取り組むことができない。

旧態依然とした自分の常識が脳内でどうしても勝ってしまい、
手が止まってしまい、行動を拒否してしまう。

これほどまでに「シンプル」で「初心者でもできること」なのに。

これこそが、私が講師として向き合っている教え子が、
「100%」稼げるトレーダーになっていない理由です。

ちなみに、私が「ロケットブレイクFX」を伝授し、
勝てるトレーダーに変貌した教え子の年齢層は、
下は20代から上は70代までと、非常に幅広い層となっています。

人数的に多いのは30代から40代ですが、
この教え子は絶対数が多いことがその理由ですので、
割合的にはどの世代も平均的に90%ほどの成功者が出ています。

しかも、勝てるトレーダーに変貌した教え子は、

  • 教えてから2週間後に200万円を悠々と稼いだ教え子
  • 100万円、200万円と安定月収をあげる教え子
  • いきなり運用資金を倍にしてしまった教え子
  • 月のアベレージが200Pipsを超える教え子

などなど、言葉は適切かはわかりませんが、
実に「タレント揃い」のメンバーが集まっています。

「どれくらいの収益をあげたいか?」

という考えは、教え子によってそれぞれ違うので、
月利で言うと「10%〜50%」と上下にはブレがあります。

とは言え、皆に共通して言えることは、
「得たい利益を得たいときに得ることができる力」
を身につけたという「事実」でしょう。

とは言え、最初にこのような私の話を聞いたとき、
ほとんどの人がこのような反応をするのです。

「成功確率90%以上なんてあり得ないことを言うな。」
と。

私には全国にトレードの教え子が散らばっており、
相場から利益を得つつ、
静かなトレード生活を送っている教え子も多くいます。

今でこそ、トレード主体の生活をしている彼らですが、
私の90%以上の成功確率と私の手法を聞いた当初は、
ほぼ漏れなく、「あり得ないことを言うな!」という
尖った言葉のナイフを私に突きつけてきました。

(言葉には出さなくても心の中でそう感じていれば、
比較的、私はそれを感じ取ることができます。)

そんな鋭利なナイフを突きつけられるたびに、
個人トレーダーを洗脳する常識に悪寒を感じてきましたが、
この場を借りて明快に回答します。

大丈夫。

私の教えた通りにトレードをすれば、
10人が10人とも勝てるトレーダーにに成長するでしょう。

私のこれまでの教え子実績から言うと、
少なくとも、10人のうち9人以上は、
勝てるトレーダーになっています。

これは隠しようのない「事実」なのです。

それはまるで、
「1足す1は?」という質問を投げかけて、
「2」と声をそろえて答えるようなもの。

シンプル過ぎて悩みどころを見つけるのに悩みます。

もちろんFXの初心者でも大丈夫。

下手に洗脳されていない分、
よほど勝ちやすいポジションにいます。

むしろ初心者だったらラッキーだと思って良いでしょう。

ついでに言ってしまうと、私のルールで稼ごうと思えば、
為替の知識、
世界経済の情報、
相場の判断力は必要ありません。

初心者が向いているというくらいなのですから、
経験はむしろ足かせになりますし、
才能も反射神経も必要ありません。

こうした私の話は、下手に相場を知っている人にとっては
理解しにくい話かもしれません。

FX会社、商材屋、マスコミ、エコノミスト、評論家、
更には巷で売られている本や雑誌などは、
負けるべくして負ける情報をあえて満載にすることで、
相場から正当に得る利益とは違う利益を強奪しようとしています。

詳しく話すと1日も2日も話してしまいそうなので割愛しますが、
個人投資家に恐ろしい常識を植え付けるための「情報」が、
このFXの世界には蔓延しています。

相場で勝つためには、
我々は敵を知り、常識を知った上で、
そのおぞましい常識を心の中で粉砕し、
自分にしかできないことを淡々とこなすのが得策です。

大声を張り上げる必要はありません。

静かに静かに。

偽りだらけの一般常識を心の中で打ち破り、
そして自分が欲しい分だけ相場からお金をかっさらう。

私が教えた90%以上の勝ち組トレーダーたちは、
必死になって難しい手法を身につけて
稼げるようになったのではありません。

これまでの常識を捨て去り、
素直に私の言葉に耳を傾け実践するという
「簡単だけど難しいこと」
を成し遂げたことで、
勝てるトレーダーに変貌したのですから。

手法そのものは「ごくシンプル」で、
「当たり前」のことを
「当たり前」にこなすことができれば良いだけの
初心者でもできる手法です。

もはや、素直に取り組まない理由がまったくない。

それが「ロケットブレイクFX」なのです。

あなたの貴重な「5分」を私にください。

世の中に溢れる情報や教材というものは罪なもので、あなたに「気合い」を脅迫的に押し付けるものがやたらと多いのが実情です。

「やるかやらないか、あなた次第です。」
「人生において、戦わないといけない時は、今です。」
「相場に向き合った時間の分だけ、あなたの力になります。」
「いつやるか?今でしょ。」

そんなこと、十分にわかっています。

こんな提供側の都合の良い押し付けに、
高揚感に任せてチャレンジした後のことを考えてみてください。

何かの宣伝文句を読んで気持ちが沸点に達し、
「よし!! 絶対にこれをモノにして稼いでやる!!」と
意を決してチャレンジをしたところで、
いざ冷たい現実を目の前にするとその気持ちも萎えます。

我々は、毎日、必死になって生きているのですから。

毎日の通勤で、家に帰って体はくたくた。
仕事での精神的ダメージも引きずって。
家族もあなたの帰りを待ちわびています。
仕事とトレード、そう都合よく頭も切り替わりません。

こんな状態で机に向かってパソコンを立ち上げ、
トレードの勉強をしようと思いますか?

よほどの「屈強な体力」と「意志の強さ」がなくては続きません。

1週間続けられれば誉められたものでしょう。
1ヶ月間続けられれば喝采ものです。

もちろん、人生には一点突破の気合いが必要な時があります。

しかし、トレードは毎日行うものなのです。
毎日コツコツと収益を上げていくものなのです。

いかにトレードで新たな収益の柱が欲しいと望んでも、
仕事や家事や育児で体力も気力も精神力も奪われた上で、
トレードに取り組むのは、それはあまりに酷な作業です。

取り組み開始1ヶ月後には、
今回も続けられなかった自分に対する失望感に打ちひしがれ、
何かへチャレンジすることに臆病になってしまっている自分が
そこにたたずんでいるだけなのが関の山でしょう。

気合いだけでは、変えられないものもたくさんあるのです。

だからこそ、あなたが続けるべきものは、
今のあなたの生活を壊さないものであるべきなのです。

今のあなたの生活に自然に溶け込むものでなくてはならないのです。

改めてお聞きします。
あなたにはこんな時間はありませんか?

テレビを見ている時間
ネットサーフィンをしている時間
本や雑誌を読んでいる時間
ビールを飲んでいる時間
パチンコに行っている時間
ゲームをしている時間

何でも結構です。

仮にあなたから奪い去ったとしても、
あなたの生活のリズムを変わらない時間です。

その中の「5分間」だけを私にください。

少し脇道に逸れます。

こんなことを言ってしまうと怒られてしまうのですが、
私は「荷物を持つのが大嫌い」です。

だから、原則、カバンは持ちません。

もちろん、パソコンも持ちません。

最近では、財布すら持ち歩くのが嫌なので、
(かつては大きめの財布を持っていました)
マネークリップにしています。

もちろん、マネークリップはオシャレの一環ではなく、
単にできるだけ身軽な格好で移動したいからです。

これだけ身軽にしているにもかかわらず、
絶対に持ち歩くのが・・・

そう、「スマホ」です。

カバンも、パソコンも、大きな財布も持っていませんが、
スマホだけは必ず持ち歩いています。

今の時代、スマホは連絡手段として、
誰しもが持っているものでしょう。

しかし私は、
「トレードのためにスマホを持っている」
と言っても過言ではありません。

後述しますが、「ロケットブレイクFX」は、
1日に「4回」訪れる黄金の時間帯のみ狙います。

家にいようと、外にいようと、どこにいようと、
この4つの時間帯が来ればおもむろにスマホを取り出し、
サッとトレードをします。

パソコンなんて必要ありません。
スマホで見るのはチャートの形だけ。

このチャートの形を見て、
良い形ができている場合は瞬間的に注文をするので、
「5分」と前述しましたが、
慣れてしまえば1回のトレードに「1分」もかかりません。

もちろん、チャートの形が悪い場合は、
スマホを閉じてそれでおしまい。

これが、私のトレードスタイルです。

もちろん、パソコンからもトレードができます。

スマホがトレード主体なのは、
あくまでも私のトレードスタイルです。

だから、全然、大げさな話ではなく、
死ぬほど疲れていたとしても、
会社でのトラブルで精神的にダメージを食らっていても、
仕事が終わらず自宅に仕事を持ち帰っていても、
子供の夜泣きがヒドくて睡眠不足であっても、
体調不良で自宅のベッドで寝ていても、
4つの時間帯が来ればスマホでチャートを見てください。

イケるとなれば、1分で注文。
イケないなとなれば、スマホを閉じる。

それが完了したら、元のあなたの生活に戻って、
あなたとあなたの家族をいたわってあげてください。

別に4つ全ての時間帯を追う必要はありません。
あなたが取り組める時間帯だけで結構です。

ただし、稼ぎやすい時間帯なのに、
みすみすチャンスを逃す理由は私しには理解できませんが。

ただし、トレードに「5分間も取れない」と仰るのでしたら、
これ以上は何も言いません。

私の手法以上に時間効率の高い手法を引き続き探し続けるか、
いつまでたっても変わらない人生を謳歌してください。

こればかりはあなた次第です。

ロケットブレイクFXには不必要な気合いは必要ありません。

今のあなたの生活を維持させつつ、
今のあなたの生活を壊すことなく、
新しい収益の「ぶっとい柱」をぶっ立てるための手法。

これがロケットブレイクFXです。

繰り返します。

あなたの貴重な「5分」を私にください。
その「5分」はどんな「5分」であっても構いません。

どんなに疲れていても、
どんなに睡眠不足であっても結構です。

あなたの貴重な「5分」は、
溢れんばかりのお金に換えることが可能なのですから。

2杯目のワインを飲み終えたころ、
「91,000円」がこぼれ落ちる。

10月8日、木曜日の昼下がり。

私は、四ツ谷から歩いて5分ほどの場所にひっそりとたたずむ
「スティモーロ」というイタリアンに向かいました。

無性にワインが飲みたくなり、ランチを兼ねて、
「外出先ワイントレード」を楽しんできたわけです。

お店に入店したら、とりあえずワインを注文。

ワインを一口飲んで、おもむろにスマホを取り出しチャート確認。

チャートを見ると、
いかにもロケットブレイクFX向きの形となっていたので、
IFO(イフダンオーシーオー)注文を入れます。

この間、わずか「35秒」。

1、スマホを取り出し、
2、チャートを確認し、
3、良い形だと判断し、
4、注文する。

この一連の流れにかかってしまったのが「35秒」でした。

あとはスマホを閉じて、再びワインとランチを楽しみます。

ロケットブレイクFXで利用する「IFO注文」を説明すると、
「相場が動き、ある一定の価格になったとき、
 【エントリー】と【損切り】を入れることを予約する」

という注文方法になります。

ですから、「IFO」注文をしたあとは、
エントリーが入るまでは完全放置です。

その後、値が動いて【エントリー】されると、
FX業者から「エントリーしました」というメールが届くので、
その時にまたゆったりとスマホを確認すればOK。

あとは相場の状態を見て、
ルール通りに利食いポイントを決めて決済をします。

通常は、「10Pips〜20Pips」の利益となりますが、
勢いがある時は、「40Pips〜50Pips」まで利幅を伸ばします。

また、「IFO」注文を入れたときに、
【利食い】の注文を一緒に入れておけば、決済まで完全放置。

つまり、IFO注文後は一切スマホをいじらなくてもいいのです。

もちろん、「1Pips」で【損切り】も入れているので、
値が逆に動いたとしても「1Pips」で損切り完了。

手前ミソですが、
あまりに優れたリスクコントロールが可能な手法です。

さてさて、ランチワインの話に戻りましょう。

2杯目のワインを飲み終えたころ、
スマホに「エントリーしました」というメールが届きました。

ほろ酔い加減で数分後にスマホを確認すると、
想像通りのキレイなブレイクアウトが発生していて、
既に「20Pips」の利益が出ていました。

ここは欲を出さずに「20Pips」での決済を狙ったのですが、
決済時に少し滑ってしまって、約「18Pips」で決済が完了。

この決済にかかった時間は「20秒」程度でしたが、
50万通貨での売買で、利益は「91,000円」でした。

結局、最初の「IFO注文」と「決済」にかかった
合計トレード時間は「1分」だけ。

私はわずか「1分」で「91,000円」をゲットしたのです。

この日のお会計は「3,300円」でしたが、
それを大きく上回る収益を、ワイン片手に稼いでしまった
平日は木曜日の昼下がりのお話でした。

この日のトレードは動画に収めているのでご覧ください。
わずか数分の動画です。



「ロケットブレイクFX」がすごいのは、
1日に「4回」訪れる黄金の時間帯にチャートを見て、
注文するかどうかの判断を瞬時にするだけであるということ。

あとの作業はすべて自動化できます。

だから、お酒を飲みながらでも、
相場から節操なくお金をいただくことが可能なのです。

リスクリワード1:20という事実

これまで、私はあなたに「常識」を置き去りにするよう、
何度も何度も訴えてきました。

ここからはよりいっそう「常識」を置き去りにし、
「常識」から遠く遠く離れるように意識してください。

身軽な「あなた」
乾いたスポンジのような「あなた」
産まれたばかりの「あなた」

こんな「あなた」で読み進めてください。

さて、私が取り組んでいる「ロケットブレイクFX」は、
FXの大きなくくりでの言うところの
「ブレイクアウト」という手法を利用します。

そのブレイクアウトの手法から生み出される
ロケットブレイクFXの「パフォーマンス」が
いったいどんなものなのか、まずはご覧ください。

私にとってこのパフォーマンスは、
いつも通りの見慣れた当たり前のパフォーマンスです。

しかし、一般常識に囚われた脳を持つ人からは、
理解に苦しむパフォーマンスだということも知っています。

とりわけ、
「損切り」が「1Pip」なのに
「勝率」は「70%」という高勝率であるという事実は、
大変な「矛盾」をはらんでいると思われるようです。

しかも、
「損切り」が「1Pip」なのに対して
「利食い」は「20Pips」で、
「リスクリワード」が「1:20」。

更に、「月利が50%〜60%」で追い打ちをかけます。

わかりやすい金額で言ってしまうと、
10万円の資金であれば、月収が5万円〜6万円
30万円の資金であれば、月収が15万円〜18万円
50万円の資金であれば、月収が25万円〜30万円
100万円の資金であれば、月収が50万円〜60万円

資金がもっと拡大して、
教え子の原さんのように600万円の資金であれば、
月収は300万円〜360万円。

ロケットブレイクFXで資金が拡大し、
1年後に1,000万円の資金で運用できれば、
月収が500万円〜600万円となります。

このくらいの資金規模になればもう、
税金として納税する金額に唖然としながら、
自分と家族の人生の次の一手を、
ウキウキワクワクしながら考えられる域となります。

話を戻します。

あなたはご存じでしょうか。

一般的には、
「損切り」が「速い」と、
「勝率」は「下がる」という事実を。

これが一般的なトレードの考え方です。

なぜならば、「損切り」を速くすることで、
失敗トレードの仕切り直しができ、
一からトレードの出直しができるからです。

エントリーの方向が少しでも間違っていたら、
すぐに「損切り」を入れて心を切り替え、
反対方向にエントリーを行うなり、
また機を見てエントリーをするなりすることができる。

そうです。

「速い損切り」で「捲土重来」ができるのです。

この「速い損切りで素早く仕切り直しができる」ことは、
私も大賛成で、損切りは浅くすべきだと訴えています。

だからこそ、
損切りを速くすればするほど、
勝率というものは低くなっていくのです。

「高い勝率」を「水」とすれば、
「速い損失」は「油」。

双方は相容れない不倶戴天の関係にあるのです。

いいえ、誤解しないでください。

ここまでは、「世間一般の常識的な手法」の話です。

残念ながら、「ロケットブレイクFX」は、
挑戦的な「損切りの狭さ(1Pip)」でありながら、
圧倒的な「利幅の広さ(20Pips)」を貪欲に狙い、
なおかつ「高い勝率(70%)」を誇るという、
世間のFX常識の「裏側」にある手法です。

リスクリワードは「1:20」。

それでいて、月利は「50%〜60%」で着地し、
1回のトレードにかかる時間はわずかに「5分」。

そして、1日あたり「1回〜3回」のトレードで完了。
もちろん、すべて「スマホ」で事足ります。

いかがでしょうか。

乾いたスポンジを意識しが「あなた」に、
ロケットブレイクFXという「非常識」は、
徐々に浸透してきたでしょうか。

月平均600Pips
最高月7000Pipsの男

申し遅れました。
谷藤一希と申します。

まずはここまで読んでくださり、本当にありがとうございます。

ここまで読んでくださっているあなたは、
私が、スマホ片手に月に200万円を稼ぎ出すFXトレーダーであり、
同時に、教え子の90%以上を勝てるトレーダーに変貌させてきた
トレーダーの育成講師でもあることをご存じのはずです。

かつて私は、お金への執着心が高い人間でしたが、
「いつでも、いくらでも稼げる力」を得てからというものの、
自分でも驚くほどにお金との向き合い方が変わりました。

これまで私は、FXを通じて「お金を稼ぐことそのもの」に執着し、
とにかく利益を貪るだけ貪りたくて、
最高では月間「7,000Pips」まで伸ばしたこともありました。

しかし、なんとも不思議なもので、
「いつでも、いくらでも稼げる力」を得てからというものの、
「どれだけたくさんの収益を貪るか」という思考ではなく、
「獲得した収益で何をするのか」という思考に
軸足が移るようになりました。

つまり、「何のためにFXでお金を稼ぐのか」を考え、
目的を持ってお金に向き合うようになったというわけです。

結果、これまでとは考えられないくらいに物欲が無くなり、
お金に対する執着心も、淡雪のように溶けて無くなりました。

また、FXでの収益も、
最低限必要な範囲でしか確保する必要が無くなり、
私は現在、月間平均で「600Pips」ほど、
月に「100万円~300万円」ほどの収益を、
無理なく、ゆったりと、必要な分だけ確保しています。

しかし。

今でこそ、素晴らしい仲間や教え子たちに囲まれ、
幸せな毎日を過ごしていますが、
ここに来るまでには、本当に数々の紆余曲折がありました。

自分の過去をひもといていくのは、
自分の恥をさらすようで正直に言うと嫌なのですが、
せっかくこのページにたどり着いていただき、
なおかつここまでお読みいただいたのですから、
勇気を持ってあなたに私の半生をお伝えします。

少しだけお付き合いください。

バンドと車と仕事とバイトとバイト。

私は、1980年に神奈川県横須賀にて生まれましたので、今年でちょうど35歳になります。

生まれてすぐに両親の地元である北海道に引っ越し、子供時代はその地で過ごしました。

中学校時代にバンドに目覚め、
中学、高校とバンドでギターを担当し、
様々なライヴハウスで活動しました。

高校を卒業してからも就職せずにバンド活動を続け、
日中はバイト、
夜はバンドとレコーディングの日々を過ごします。

そしてそのころ、車のレースにも目覚めてしまい、
公式競技に出るために、
「国内A級ライセンス」を取得するまでに至ります。

こうして、ライヴ活動、車の維持費、レース活動のため、
睡眠時間を削って様々な仕事を猛烈に取り組みました。

20歳になり、もっとたくさんの経験と知識を得たいと考え、
バンドと車を続けながら「不動産会社」に就職し、
営業部門に配属されます。

こう見えて、私は人と話すのは大好きな人間です。

お陰さまで不動産営業の仕事は天職のようなものでしたが、
一方で、会社から何かを縛られるのは大嫌いでした、

会社に所属して働いている以上、
会社が推奨するものを販売しなくてはなりません。

良いものは喜んでお客様にお勧めできましたが、
悪いものもお客様にお勧めしなくてはならないことに
どうにも我慢できず、不動産会社を退職することになります。

その後、好きが高じて車関係の仕事がしたいと考え、
三菱の自動車部品を販売する会社に就職しました。

仕事は大好きな車の整備関係の仕事です。
当時はとても楽しかったのを覚えています。

そんな中でも、ライヴ活動、車の維持費、レース活動のために、
お金を稼がなくてはなりません。

不動産営業と同様、安定収入を得られるサラリーマンでしたが、
月収はさほど大きくなかったので、それだけでは足りません。

そうなると、車関係の仕事以外で空いている時間があれば、
そこに仕事を詰め込むようになるわけです。

仕事が終わる夕方18時以降の話です。

当時やっていたのが、テーマパークでのバイト、
ガソリンスタンド、そして定番のコンビニでのバイトです。

まったく大げさではなく、1日1時間とか2時間睡眠で、
3つの仕事を掛け持ちながら馬車馬のように働きました。

もともと切り替えが早く集中力が高い方なので、
それぞれの仕事に集中し、ライヴや車にも集中し、
短い移動時間に集中して睡眠をとったりと工夫していました。

今でも多少はそんな考えもありますが、
当時は「寝るのがもったいない」と考えていて、
寝るんだったらその時間が無駄だから他に何かやりたい。

そんな風に考えていました。

常に心にあったのは「バンドのプロデビュー」と、
仕事をやりながらふつふつと芽生えてきた、
「自分の会社を作る」という夢でした。

夢を諦める。
その上、体の自由すら奪われる

25歳の時、転機が訪れます。

「まじめに働きなさい」という世間の目、
「このままバンドを続けていて良いのか?」という自問自答。

いろいろと考え抜いた末に、
バンドからいったん距離を置くことを決意します。

同時に車の整備関係の仕事もやめ、
私は、手に職を付けるために「型枠大工」になります。

型枠大工とは、鉄筋コンクリートや鉄骨構造の建築現場で、
コンパネと呼ばれるコンクリートパネルを精巧に加工し、
コンクリートを流し込む型を作る技術者を言います。

2年間、型枠大工として働き、
夢を半ば諦めているという現状に悶々とした思いを抱えながらも、
しかし、仕事は充実した毎日を送っていました。

そんなある日のこと。

朝、仕事のためにベッドから起き上がろうとしたとき、
ひざのあたりに激痛が走りました。

今までに味わったことのないような痛みに慌てて病院に行くと、
「半月板」が割れていたことが判明しました。

型枠大工としての日々の足への負担の蓄積が、
徐々に私の体を蝕んでいたのです。

それ以後、私は「1年間」もの間、歩けない状態が続きます。

その上、原因は恐らく仕事によるものなのですが、
しかし、現場での仕事中ではなく睡眠中の半月板損傷です。

つまり、現場以外で怪我をしてしまったので保険が効かず、
傷病手当金が出ないことが判明しました。

バンドマンとしての夢を諦め、
型枠大工としての人生を歩み始めた矢先の出来事。

私は夢だけではなく、
軌道に乗りかけていた職人としての仕事と、
そして、体の自由すら奪われてしまったのです。

体が動かなくなってしまった私は、
仕事ができないので収入がありません。

それでも定期的に病院には行かなくてはなりませんし、
何より毎日の生活を送らなくてはなりません。

実家には頼ることができない私は、
一人で生きなくてはいけなくてはならず、
何とか貯金を切り崩して生活していました。

私は、何かに焦ったり不安になったりすることが
比較的ない方なのですが、
このときばかりは本当にどうしようかと悩みました。

一生、このまま体が動かなくなってしまう夢や、
26歳の自分がこのまま朽ち果ててしまう夢を見ては、
汗びっしょりになって飛び起き、
また朝という現実に引き戻される。

こんな苦悶の日々を過ごしていました。

でも、そんな中でも何とかする方法を考えなくてはなりません。

起きているときは、体は動かない分、頭は活発に動きますので、
必死で毎日、頭を巡らせて考えていました。

そんなある時。

見舞いに来てくれた友人が、ある本を持ってきてくれました。

・・・「投資の本」でした。

そこには「お金を働かせる」ということが書いてあり、
自分が働くことでしかお金を得る方法がないと思っていた私は、
ハンマーで頭を殴られたような衝撃を受けます。

「なんだそれ?
お金を働かせる?
自分が働くのではなくお金を働かせる?
どういうことだ!?」

無我夢中でその本を読み、
そして私は「投資」の世界を知ることになりました。

今から9年前。
当時、私は26歳でした。

平成の時代に
電気もガスも水道も止められる極貧生活

こうして私は「お金に働いてもらう」ために投資の勉強を始め、
程なくして、投資の世界で生きることを決意します。

もともと私は
「縛られることなく自由に生きたい」という願望が強く、
投資はそれを叶えてくれるものだという確信がありました。

しかしそのためには、投資金を貯めなくてはなりません。

半月板損傷から約1年、
まだ体が十分に動く状態ではありませんでしたが、
だましだまし体を動かしながら、私は仕事を再開しました。

その当時、仕事をしたのが、
コカコーラのグループ会社での営業とオペレーション。

それに加えて2つのアルバイトを掛け持ち、
1日1時間の睡眠でまたも馬車馬のように働きました。

睡眠時間を削っての一点集中は私の得意とするところ。

私は3年間働き続け、投資金600万円を作ることができました。

しかし、思わぬ事態が私を襲います。

3年間、必死になって貯めた600万円。

投資の世界で生きていこうと決意し、
死にものぐるいで貯めた600万円。

その虎の子の600万円を私は身近な人間に使われてしまいます。

その人間とは・・・私の親でした。

私にとっては、とても大事な親ですし大好きな親ですが、
しかしお金に関してはかなり大らかところがあります。

家にお金を置いておけば親が自由に使ってしまいますし、
私の銀行のキャッシュカードやクレジットカードなども
自由気ままに引き出されたりもしました。

親のお金の遣い方が、これまたかなりユニークで、
例えば、親の知り合いの大学生の息子さんにお金が無くて、
どうやら学費が払えていない。

そんな話を聞きつけた親が、
「じゃあ私が代わりに払ってあげましょう」とばかりに、
私のお金がその学費に流用されていたなんてこともありました。

自分の親なので我慢しなくてはいけないのですが、
とは言えあれだけ苦労して働いた作ったお金が、
ここまで自由に使われていたのはさすがに衝撃でした。

しかし、衝撃を受けて悲観している間も無く、
このタイミングで親が脳梗塞で倒れ、入院をしてしまいます。

弱り目に祟り目とはこのこと。

家族の家計も支えていた私には親の入院代金がのしかかります。

手元に残った600万円の残りを
全て入院代金に充ててしまったので手残りはゼロ。

ただでさえ貧乏を極めているのに、
それに輪をかけて極める貧乏ぶり。

この平成の時代に電気もガスも水道も止まり、
家には食べるものが何もない状態。

当時、付き合っていた彼女が見かねて、
実家からビニール袋にお米を入れて持ってきてくれましたが、
その米すら、電気も水も何も無いから食べられないという有様。

炊かないお米だけど少しでもお腹の中で膨らむように
ボリボリと何度も何度も口の中で噛みしめて食べる。

あの味は一生忘れません。

もう、表現のしようがないようなどん底の状態でした。

どん底からの復活。
そして7,000Pipsのトレーダーへ。

さて、こんな苦しい毎日を送りながらですが、
仕事の合間には、投資の勉強を必死で続けていました。

そんな29歳のある日。

かつてのバンド仲間のボーカルと会う機会があり、
将来の話をお互いに腹を割って話したときがありました。

その時、そのボーカルに教えてもらった、
あるFXトレーダーが私の運命を変えます。

そのFXトレーダーに会えば人生が変わると直感した私は、
直接そのトレーダーにメールを出し、
勢い余ってその日に会いに行き、
「その自由な生き方」に衝撃と感銘を受け、
その場で無理矢理コンサル生として弟子入り志願をしました。

しかしその時に提示されたコンサル料金は、税込み「105万円」。

当時の私には天文学的な金額です。

しかし、105万円という巨額の費用を支払うことよりも、
このチャンスを逃すことの方が私は怖かった。

私の信条は、
やらないで後悔するよりも、やって後悔したい。
迷ったらやる。です。

こんな風に人生を生き、考えてきた私にとって、
このコンサルを受けない理由はどこにもありませんでした。

あとは「105万円」という大金をどう作るか?です。

3年間で必死に貯めた600万円は、
親の使い込みと入院費で一切なくなっています。

そこで私はまず、自分の物を売ってお金を作りました。

その中には命の次に大事にしていた
「レスポール」の古いギターも含まれていましたが、
FXを本気でやって結果が出るのであれば、
今は一時的にギターを売ったとしても、
またお金を稼いで絶対に買い戻してやる!!と考えました。

そしてそれでも足りないお金は、
友人、友人の友人、彼女、彼女のお母さんなど、
手当たり次第にお金を貸してくれそうな人間を
15人くらいピックアップして、ひとり2万円くらいずつ借り、
どうにか「105万円」という資金を作り、
コンサル生として滑り込むことができました。

更に、逃げ道を完全に絶つために、
私はコンサル生になったときに、自分に誓いを立てました。

「1年間で専業トレーダーになれなかったら
FXからはスッパリと足を洗おう」
と。

それ以降、決死の覚悟で勉強し、FX漬けの日々を続け、
仕事以外は昼夜を問わず、ずっとチャートを見続け、
検証と研究を積み重ね、
目が覚めている時間は終始チャートを見続けていました。

仕事中、食事中、トイレ中、歩いている途中、
通勤の往復途中、お風呂に浸かっているときなど、
とにかく徹頭徹尾、チャートを見続けました。

人間、追い詰められて、死ぬ気で取り組めば、
結果は必ずついてくるものです。

そんな生活を始めてから1ヶ月後。

私は1ヶ月間で資金を倍にすることができました。

そこからはもうトントン拍子。

月々何百Pipsをコンスタントに稼ぎ出せるようになり、
稼ぎたい金額を稼ぎたいときに稼げるようになりました。

このとき私は30歳。

私が本格的にFXの勉強を始めてから、
まだ1年しか経っていませんでした。

ここまでが私のトレーダーになるまでの紆余曲折です。

こんなデタラメな私ですが、FXに一点集中することで、
わずか1年で激しい変化を自分にもたらすことができました。

今は、個人でコーチングやFXの講師を行い、
投資仲間と株式会社ReVESTORを設立し、
こうしてトレード塾の塾長をやらせていただいています。

今の私があるのは、これまでの紆余曲折たる私の人生と、
親をはじめとする私の周りのみんなのお陰だと思っています。

インターネットを通じて出会ったあなたとの関係も、
少しずつ結びつきを強くし、
お互いがお互いに影響を与えられる関係になれることを
心より願っています。

谷藤の8月の結果

これまでにご説明したとおり、
「ロケットブレイクFX」の手法を用いて、
私は月間で100万円~300万円ほどの収益を
無理なく、ゆったりと、必要な分だけ取っています。

もっと取ろうと思えば取れるのですが、
今の私に必要な利益だけを取っているという感じです。

下記をご覧ください。
直近の2015年8月の成績を一覧にしたものです。

ご覧の通り、2015年8月の収益は「1,214,750円」でした。

8月の第4週にかなり頑張りましたので、
月間で「51回」のトレードを行いましたが、
通常の月は「40回」くらいに落ち着くことが多いです。

勝率は「73%」となりますので、
4回トレードをすれば、3回は勝っている計算となり、
「負けが続いてしまう」ような心理的な負担はないでしょう。

また、一覧をご覧いただければわかるとおり、
「週間」でもマイナス無く、利益を積み重ねているので、
着実に資金が増えているという安心感もあります。

もちろん、平均勝率は「70%」ですので、
長くやっていれば週単位で負けてしまうときもあるでしょうが、
しかし、大数の法則で、
長くやればやるほど安定感が増していくわけです。

なお、大事な話なのですが、
「ロケットブレイクFX」の損切り幅は、IFO注文時に、
あらかじめ「1Pips」に置いています。

私は基本的に「50万通貨」でトレードをしているので、
「1Pips」の負けで「-5,000円」の損失となります。

しかし、上記の一覧表には「-5,000円」の損失以外に、
もっと大きな損失がありますので、
「損切り幅がもっと大きいのではないか?」
と思われる方もいるかも知れません。

いいえ違います。

これはすべて「1Pips」で損切りを入れています。

しかし、残念ながらFX業者側で滑ってしまい、
結果として損失幅が「1Pips」以上になっています。

FXをやる以上、業者側の「滑り」と共存しなくてはなりません。

でもご安心ください。

「ロケットブレイクFX」は、そんな業者側の「滑り」など、
まったく気にならないくらいに、
大きな利益を狙える手法です。

私の毎月の成績が、そして私の教え子の毎月の成績が、
それを如実に物語っているのですから。

(おまけ)谷藤の1週間のスケジュール

おまけになりますが、
私の1週間のスケジュールを公開しておきます。

月曜日:自分だけに使う日

月曜日は自分のことだけに使う日と決めています。

買い物したり、運動したり、ひたすらお酒を飲んだりと、
平日に遊び倒すという醍醐味を楽しむ月曜日です。

千葉県の総武線沿線の市川駅近辺にマンションを買う予定なので、
現地調査を兼ねて、千葉方面に遊びに行くこともあります。

もちろん、1日に4回、訪れる黄金の時間帯では、
スマホでトレードをすることは忘れません。

1日10万円の収益を目処にしているので、最近では、
10万円を稼いだ時点で、その日のトレードは終了としています。

火曜日:コーチング

教え子にFXコーチングを行う曜日です。

この日はたいてい朝からコーチングの予約が入っているので、
悩みを聞いたり問題解決を一緒にしたりします。

もちろん1日に4回の黄金の時間帯にはトレードしますし、
メンバーと一緒にリアルトレードを行ったりします。

水曜日:コーチング

火曜日と同様、教え子にFXコーチングを行う曜日です。

木曜日:バーのオープン準備

中目黒にトレード仲間や教え子が集まるバーを作りたくて、
現在、その準備に追われています。

オープンしたら絶対に遊びに来てくださいね。

金曜日:コーチング

火曜日と同様、教え子にFXコーチングを行う曜日です。

●土曜日と日曜日:トレードセミナー講師

私は全国各地でトレードセミナーを行っているのですが、
土日はほとんどセミナーで埋まってしまいます。

東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・沖縄・・・

東京だけでは無くて、もちろん地方にも足を運びます。

セミナーの後には原則的に懇親会を開催しますので、
その土地土地の食べ物が食べることができるのが、
とっても楽しみだったりします。

谷藤の週間のスケジュールはこのような感じです。

正直、私にはたくさんの教え子たちがいるので、
今は完全にお休みの日というものは存在しません。

しかし、全国の教え子たちに囲まれ、指導し、お酒を飲む。

これがまた私の至福の時間なのです。

ロケットブレイクFXの解体新書

ここからは、ロケットブレイクFXの手法について、
具体的に切り込んで解説していきます。

ここからは少し難しいFX用語も出てくるかも知れませんが、
わからなくても立ち止まって調べたりする必要はありません。

「なるほど、そんな感じなのか」と、
わからないところは流しながら読んでください。

もちろん、もしあなたが私と一緒に
「ロケットブレイクFX」を学ぶのであれば、
私がゼロから徹底的かつ丁寧に伝授しますのでご安心ください。

最初に「ブレイクアウト」という「投資手法」について
説明をしておきます。

一般的には、
過去の「高値と安値」で形成される抵抗帯を突破することを
「ブレイクアウト」と言います。

上下の抵抗帯を突破すると、
値は突破した方向に「一気」に動く傾向があります。

ブレイクアウトの手法はそうした相場の性質を利用して、
または動きを読んで利益を狙おうとする手法になります。

そうです。

他の投資手法と違い、ブレイクアウトの手法は爆発力があり、
利益を大きく取りやすい手法なのです。

私が日々収益をあげている「ロケットブレイクFX」は、
このブレイクアウトという相場の性質を利用し、
初心者でも簡単に取り組めるようにカスタマイズした
谷藤流の「超実践的な手法」であるとご理解ください。

ちなみに、なぜ私が数あるFXの手法の中から、
「ブレイクアウト」を選択したかと言うと、
【なるべくチャートを張り付いていたくない】
という実にわがままな考えがその理由です。

またそれ以外にも、

  • 1日に狙う時間が限られている
  • 勢いがあるので早ければ1~2分で決済される
  • 大きく伸びるときは、大きく利幅が取れる
  • 仮に思い通りにいかなくても損切りは1Pipsで済む
  • ポジションをマイナスで持つことがない
  • ポジションを長く持たない
  • 負けることがわかっている時は入らなくても良い

などなど、もはや私にとって、
「ロケットブレイクFX」を選択しない理由など
これっぽっちもありませんでした。

「トレードそのもの」は「従」
「トレードで空いた時間にやること」を「主」

トレードで空いた時間を自由に使うことを可能にするのが
ブレイクアウトだったのです。

ロケットブレイクFXの3ステップ

次に「ロケットブレイクFX」の手法を利用して、
私がどのようにトレードをしているのかを解説していきます。

ロケットブレイクFXのトレードで実際に行うのは、
下記の「3つのステップ」です。

ステップ1
4つの時間帯でスマホを確認する

「ロケットブレイクFX」で狙うのは、毎日決まった4回の黄金の時間帯となります。

この時間帯をザックリと言うと、お昼過ぎに1回、18時以降に3回の合計4回となります。

その黄金の時間帯が来たら、スマホを取り出してチャートを確認します。

ステップ2
チャートを分析して注文を入れる

チャートを確認して、ロケットブレイクFXの「ルール」に合致していれば、注文を入れます。

注文は、IFO(イフダンオーシーオー)注文といって、ある一定の価格になったときに、「エントリー」と「損切り」を同時に入れる予約をする注文方法となります。

IFO注文を入れて、一定の価格になれば、
自動的にエントリーしてくれるので、
それまでは完全に放置していて問題ありません。

むしろ、チャートを見てハラハラと神経を使うのであれば、
エントリーされるまでほったらかしの方が無難です。

なお、「ルール」に合致していないチャートであれば、
スマホは閉じて、次の時間帯まで何もしなくて結構です。

ステップ3
エントリーされれば決済を行う

ステップ2で仕込んだ注文がエントリーされれば、
アラートのメールが配信されます。

そのメールを確認したら、スマホを開いてチャートを確認します。

そのままチャートを追い続けて、
「裁量」で最大の利幅を狙っても良いですし、
それが面倒であれば、ロケットブレイクFXのルールにのっとり、
利食いの注文を入れておけば自動で決済されます。

以上の「3つのステップ」で、
「ロケットブレイクFX」のトレードは完了です。

あなたはただ、1日に4回訪れる黄金の時間帯に、
この「3つのステップ」を繰り返すだけで、
月利50%~60%を狙えるようになるのです。

必勝!!ロケットブレイクFXの3つのルール

ここからはいよいよ、
ロケットブレイクFXの手法の肝に迫ります。

ロケットブレイクFXを適切に利用するためには、
谷藤流の「3つのルール」から構成されます。

  • ルール1 4つの時間帯を狙う
  • ルール2 トレンドを意識する
  • ルール3 3点目の抵抗帯を狙う

この3つのルールを組み合わせることで、
「一気に吹き上げるポイント」を容易に見つけることを可能とし、
勝率が低くなる傾向にある「ブレイクアウト」という手法を、
勝率「70%超」にまで引き上げることに成功しました。

それぞれを解説していきます。

ルール1 
4つの時間帯を狙う

これまでに何度も解説してきた、
言わずと知れた「4つの黄金の時間帯」です。

この時間帯はブレイクアウトが発生しやすい時間帯であり、
ロケットブレイクFXでは、
この時間以外には手を出さないことをルールとしています。

逆に言えば、1日に4回だけスマホを開いて
チャートを確認すれば良い上に、
チャート分析は5分以内に完了するので、
どんなに忙しい方でも取り組むことができるわけです。

ルール2 
トレンドを意識する

実際にチャートを分析する際に、
どの場面で「値が上がり」
どの場面で「値が下がる」のかという、
「トレンドルール」がわかっていなくてはいけません。

このトレンドルールが明快にわかっていないと、
4つの時間帯が訪れたとしてもすぐに判断できず、
チャンスが来ても瞬間的にトレードできません。

「トレンドルール」にのっとることで、
今「買うべき」か「売るべき」かがわかるようになり、
いっそう、時間のかからないトレードができるようになります。

もちろん、スマホをパッと見て「今はダメだ」と判断し、
スマホをしまうことも「トレンドルール」で可能です。

ルール3 
3点目の抵抗帯を狙う

これこそが「ロケットブレイクFX」を、
ブレイク手法の中でも最高の手法たらしめるルールだと
私は考えています。

抵抗帯とはトレーダーに特に意識される価格帯のことです。

この抵抗帯をルールにのっとって正しく把握できれば、
抵抗帯の「値の帯」がしっかりとわかるようになり、
そうすれば、あら不思議、
ブレイクポイントも自然と見えてくるようになります。

この抵抗帯を値が「2回」付けていれば大チャンス。

「3回目」に一気にブレイクする前触れですから、
この抵抗帯をルールにのっとって、いかに把握するかが、
ロケットブレイクFXの秘中の秘とも言えるでしょう。

また、抵抗帯を超えてブレイクをした上での利食いは、
それより前に高値を付けたところまでを目安にするなど、
「抵抗帯」の利用価値は非常に高いのです。

以上が、ロケットブレイクFXを適切に利用するための
谷藤流の「3つのルール」です。

こうやって文章に書いてしまうと難しく感じるかも知れませんが、
でも大丈夫。

難しいことなんてひとつもありません。

だって、ロケットブレイクFXを学んだ
私の教え子たちの90%以上が、このルールを自分のものにし、
今や好きなだけ相場から利益をあげているのですから。

チャートを見ながら解説します。

では実際にチャートを見ながら、
私がロケットブレイクFXを利用して、
実際に利益をあげている様子をご覧いただきます。

これらの取引は、ただただロケットブレイクFXの
3つのルールにのっとってトレードしただけ。

ロケットブレイクFXのルールを知らない状態であれば、
パッと見はわかりにくいと思いますが、
典型的なロケットブレイクFXの稼ぎ時のチャートです。

ロケットブレイクFXのルールを知り、
淡々とルール通りにトレードをすれば、
いともたやすく数万円~数十万円の利益をあげることが可能です。

それ以外の例もご案内しましょう。

これは少し変則的なパターンです。

これもロケットブレイクFXの3つのルールにのっとって
トレードすれば、訳なく利益をあげることが可能です。

以上、ロケットブレイクFXのわかりやすい例として、
記録していた5日分のチャートご覧いただきましたが、
これらは全てにおいて、ルールの「根拠」が重なっています。

だからこそ、トレードできるかどうかの判別を簡単にでき、
結果として、ブレイクアウトの醍醐味である、
「大きな利益」を狙うことができるようになるのです。

なお、多くのブレイクアウトを利用するトレーダーが
悩まされている、
「ブレイクせずに戻ってしまった場合」
への対策なのですが、どうぞご安心ください。

「ロケットブレイクFX」では、
こちらを打開する方法として
「ある強力なルール」を用意しています。

この「ある強力なルール」を利用することにより、
「本当にブレイクするか」
「本当はブレイクしないか」
を余裕で見極めることができます。

ロケットブレイクFXは、
単なるブレイクアウトの手法ではありません。

ブレイクアウトを
より効果的に、
よりミス無く、
より大きく稼げるよう、
研究に研究を重ね完成した本物の手法なのです。

安心材料の極み。
ロケットブレイクツール。

正直に言います。

この「ロケットブレイクツール」は、
私自身、「のどから手が出るほど欲しかった」ツールを、
今回のロケットブレイクFXのご案内にあわせて形にしたものです。

つまり、私が「自分専用」で作ったツールを、
あなたにお裾分けするという吉報になります。

だからこそ悩みました。

本当に「ロケットブレイクツール」をご提供して良いのかどうかを。

このツールは、
ブレイクするポイントを一発で判断することができます。

つまり、ブレイクが起きる直前のポイントを表示するため、
私と同じように、ブレイクでの最大利益を取ることが
できる可能性が高まるのです。

利益が取れるポイントをピックアップして表示するのですから
トレードのミスだって激減します

更に「ブレイクポイント」を「メール」で知らせてくれるので、
ロケットブレイクFXで狙う「4つの黄金の時間帯」に、
チャートを確認する手間すら省けてしまうことになります。

だって、「メール」が飛んできたら、チャートを確認せずに、
FX業者の注文画面で取引すれば良いだけなのですから。

もっと言ってしまうと「4つの黄金の時間帯」だけでなく、
それ「以外」の時間帯にも可能性が広がっていきます。

まさに24時間体制で、あなたや私の代わりに、
相場を監視し続けてくれる大変な働き者のツールなのです。

ツールを利用するのですから、
「1:20」という「リスクリワード」が
「1:30」とか「1:40」といかった数値に
有利に拡大する可能性だってあります。

私の教え子が、このツールの存在を知れば、
利用したいと殺到するのは火を見るより明らかです。

いかがでしょうか。

このロケットブレイクツールが、
私自身がのどから手が出るほど欲しかったツールであり、
なおかつ、あなたにご提供して良いのかどうかを
悩みまくったツールであることが理解いただけたでしょうか。

そもそも、ロケットブレイクFXのブレイクポイントは、
非常にわかりやすくて明確です。

また、ロケットブレイクFXは、
そもそもトレードにかかる時間が非常に短い手法です。

そんな手法なのですから、
それ以上に「簡便」になってしまうツールの存在は、
「楽をしたいだけに利用する」という方にとっては、
最高のツールになるかも知れません。

しかし、私は「ロケットブレイクFX」を通じて、
あなたに「得たい利益を得たいときに得られる力」を
持っていただこうと真剣に思っています。

その過程において「楽をしていただこう」とは考えていません。

しかし、ツールの存在はそれを逆行させてしまう可能性がある。

だって、ロケットブレイクツールがあれば、
「チャートを見る」必要すらなくなりかねないのですから。

私が悩むのも無理はないことをどうぞご理解ください。

しかし、ロケットブレイクツールを利用することで、
手間やミスが激減されることは間違いないでしょう。

また、「4つの黄金の時間帯」以外の時間帯にも
チャンスが広がる可能性があるということは、
それだけ相場に向き合う時間も増えることにつながりますし、
結果として、それが収益の拡大につながるかも知れません。

私は、良い面、悪い面を悩み抜いた末に、
ロケットブレイクツールを提供することを決心しました。

しかし、これだけはお約束ください。

ロケットブレイクツールを、
相場で楽をするためには利用しないでください。

私にとって、それは「悪用」とも言うべき使い方です。

どうか「ロケットブレイクFX」の正しい習得のために、
ロケットブレイクツールを利用いただくことを切に願います。

なぜ「ロケットブレイクFX」の
手法を公開するのか?

私がロケットブレイクFXを公開する理由は、
「自由な【時間】と【仲間】が欲しいから」
です。

至ってシンプルな理由です。

ただ、この理由だけを見ると、
ずいぶんと「自分勝手な理由」だなと思われるかも知れません。

別に私は、それを否定するつもりはありません。

しかし、主体性が自分にある理由だからこそ、
私は「ロケットブレイクFX」をあなたに伝えたい!!という
強い欲求が出てくるのだと考えています。

事実、私は「ロケットブレイクFX」をあなたに、
伝授したくて伝授したくてしかたないのですから。

少し、私の話にお付き合いください。

私は前述したとおり、
体の自由が効かなくなったときに自分の人生を振り返り、
「縛られることなく自由に生きたい」
という自分の底からわき出る願望を実現できるのが、
「お金に働いてもらう」という「投資」であり、
奇跡的な出会いの中から「FX」を選択しました。

「私は何に縛られることもなく自由な時間が欲しい。」

今でも私は、いつもこう思っています。

しかし、いざ「ロケットブレイクFX」を身に付け、
時間とお金に何ら縛られることなく、
自由な生き方を得ることができる立場になってみると、
一人で自由を謳歌するということが、
とたんにつまらないことだと気づきます。

例えば、サラリーマン時代の仲間を遊びに誘ったら、
「いや、明日仕事だから・・・」
と断れられて、そのとき初めて、
「ああ、そうか。世間の明日は平日なんだ。」
と気づく。

それならばとばかりに、夜に飲もうと誘っても、
「いや、明日は早いから今日はやめておくよ。」
などと断られるのが日常茶飯事。

お金の面でも、月の小遣いが少ないので、
コンビニで、缶酎ハイを買うかどうかも迷ってしまうような後輩を
そう簡単には誘えません。

別におごるのは構わないのですが、
「おごる」「おごられる」という関係になってしまうのは、
双方の関係に、太く深く切ない線が引かれてしまうようで、
それは私にとっては本意ではありませんし、
相手にとっても気持ちの良いことではないでしょう。

自由になってみて初めて気づきましたが、
自由とは意外とつまらないものなのです。

自分が自由を勝ち得ていくことに比例して、
仲間からの疎外感が増えていったわけです。

飲みたいときに飲み、
遊びたいときに遊び、
語りたいときに語る。

そしてもちろん、
稼ぎたいときに稼ぐ。

自由を手に入れると、とたんにこんな欲望が湧いてくるのです。

・・・ああ、仲間が欲しい・・・と。

そこで私は考えました。

「であれば、自由な時間を作る方法を知っている私が、
ロケットブレイクFXを教えて、
同じ生き方ができる人間を作ればいいじゃないか!!」

と。

これが私のリアルな「考え方」なのですから、
我ながらなかなか我田引水的な考え方だと感じますが、
しかし、そうすることができれば、
私は相手の都合を考えずに誘えるわけです。

これがあなたに
「ロケットブレイクFX」の手法を公開する一番の理由です。

少し余談ですが、
私にはロケットブレイクFXを教えた「3人」の後輩がいます。

彼らは、以前の私のように、生活に困窮し、
自由になりたいけれど、どうすれば良いのかがわからず、
悶々とした日々を過ごしていました。

前述した、コンビニで缶酎ハイを買うかどうかを
迷ってしまっていた後輩もその中のひとりです。

私は彼らの思いを聞き、ロケットブレイクFXを伝授しました。

そうして、私の思いに応えるように
彼らは真剣にロケットブレイクFXを学び、
数ヶ月後には、稼げる立派なトレーダーになっていました。

日中はまだサラリーマンとして働いている後輩もいますが、
お給料以上の稼ぎをロケットブレイクFXで得ています。

そうです。

彼らは自由な「時間」と「お金」を作ることに成功したのです。

同時に私も、「ロケットブレイクFX」を伝授することで
自由を得た仲間を増やすことに成功したのです。

3人の後輩を稼がせる過程で、私には気づきがありました。

それは、
「相手の夢や希望を叶えるお手伝いをし、
結果として相手が夢や希望を叶えることができたら、
尋常ではなく嬉しい瞬間が私に訪れる。」
ということです。

人が夢や希望を叶えることのお手伝いをするということは、
私にとっても至福の瞬間であることはわかっていましたが、
実際に3人の後輩に結果を出させたことが嬉しくて楽しくて幸せで、
それ以降、私はこの幸せな瞬間に立ち会うために、
たくさんの仲間を集い、
そして、貪欲にロケットブレイクFXを教えています。

結果を出した仲間からはお礼を言っていただけます。

最初に会ったとき、あれだけ不安そうな顔をしていた人間が、
時間とお金から自由になれば、
「こんなにも幸せそうな顔ができるんだ!!」
とこっちがビックリしてしまうくらいの弾けるような笑顔で、
私に「ありがとう!!」と言ってくれます。

こんな嬉しいことがあるでしょうか。
皆が集い、遊び、学び、成長する。

今思います。
私は、このような場を提供するのが大好きだということを。

こんな喜びの連鎖を繰り返しているうちに、
私の周りには「時間」と「お金」から自由になった仲間が、
わんさか生まれ、集まるようになりました。

結果として私には、
自由な【時間】だけではなく、
自由な【仲間】も得ることができたのです。

「困っている人がいたら助けたい。」

というと、どうも親切の押し売りに聞こえるかも知れません。

しかし私は、こうした思いを抱えているからこそ、
人と助けた後の、お互いが感じるであろう、
充実感、達成感、そして幸福感を感じたいからこそ、
困っている人がいたら貪欲に助けたい。

・・・そんな風に考えています。

だからこそ、本気で自分の人生を変えたいという人は、
「ロケットブレイクFX」の門を叩いてください。

私が望むのは、あなたが本気であるかどうかだけ。
本気であれば、結果はおのずとついてきます。

だって、私の教え子がFXで稼げるようになった「成功確率」は、
「90%」を超えているのですから。

余談ですが、現在、仲間が集う場所として、
東京は「中目黒」にバーも作っています。

こちらがオープンしたら、絶対に遊びに来てくださいね。

今、あなたが
「ロケットブレイクFX」に取り組む理由

ここで「あなた」という視点から一歩引いて、
「日本」という国の視点から、
あなたが「ロケットブレイクFX」に取り組む理由を
考えてみましょう。

ふと我に返ると、
「日本」もとんでもない状況に置かれつつあります。

国の借金の問題、年金の問題、雇用の問題。

日本が抱える国債や借入金などの残高を合計した「国の借金」は、
2015年3月末時点で「1,053兆円」となりました。

この借金額は、国民一人あたり「830万円」にものぼります。

毎年毎年、当たり前のように借金額が増え、
毎年毎年、なんとなく国が悪い方向に向かっている。

日本は今、そんな状態にあります。

沸騰している熱湯にカエルを放り込めば、
カエルは即死してしまうようですが、
水を張った鍋にカエルを入れて火をかけると、
カエルは沸騰した状態でも、
沸騰状態に気づかず生き続けるという話があります。

これが本当の話なのかどうかはわかりませんが、
徐々に悪い状態に変化していくと、
「最悪の状態になっているにもかかわらず、
最悪の状態に気づかない」
ということが往々にしてあります。

まさに日本の今もそんな状況です。

今、日本は「悪い状態に移行している」状態です。

もう後戻りできない状態になっています。

恐らく、これを読んでいるあなたも、
「日本は悪い状態になりつつある」ということは、
気づいていると思います。

しかし、すぐに行動を取らなくても良い「感じ」なので、
とりあえず、今はこれまで通りの生活を続けている。

そのような状況なのだと思います。

こうした「日本の置かれている状況」と、
私が「ロケットブレイクFX」に助けられたという事実。

「苦境にまみれた今の日本」を知っていて、
「苦境から脱出する方法」を知っている。

私が行動しない理由がどこにあるのでしょうか。

ひょっとするとあなたが誤解をしているかも知れませんので、
念のためにお伝えしておきます。

今、我々を取り巻く環境は、そんな悠長なことを
言ってられる状態ではなくなってきています。

先にもお伝えしたとおり、日本の借金は2015年3月末時点で
「1,053兆円」となりました。

政府の総債務残高(GDP比)ランキングでは、
日本は「245.902%」でぶっちぎりの世界ナンバーワン。

財政破綻が起きたギリシャですら「158.55%」なのですから、
他の追随を許さない日本の借金の圧倒的存在感が
浮き彫りになっています。

国債(日本の借金)は、
国内で消化されているから大丈夫だというロジックで、
借金がふくらみ続けています。

しかしこの借金には「利子」がつきます。

この利子の支払いが年間で約10兆円。
数年後には20兆円を超えると国は試算しています。

税収は45兆円程度しか無いにも関わらず利子が20兆円となると、
年金や保険にお金がどう回るのでしょうか。
疑問を感じざるを得ません。

まだ日本にお金が残っている「今」がギリギリの段階です。
土俵際で国の体を成している「今」がギリギリの段階です。

今の「日本」を「自分事」として冷静に考えてみてください。

考えれば考えるほど、空恐ろしい状況に陥っています。

だから、今、自分で自分を守っていかなくてはならないのです。

確かに投資をすると言うことはリスクがあることです。

しかし裏を返せば、リスクを張るからリターンがあるわけです。

何も自分は行動せず、外部環境によって、
自分がむしばまれていくのをただただ看過するだけなのか。

自分で考えて自分の行動でリスクをコントロールするのか。

あなたはどちらがいいですか?

・・・という話です。

だからこそ、一刻も早く始めた方がいいのです。

日本がまだ、土俵際でギリギリ踏ん張っている「今」こそ。

一番やってはいけないのは、
・これからの人生をどうしようか・・・
・日本は大丈夫なのだろうか・・・
・会社をクビになったらどうしようか・・・

と悠長に考えて時間がどんどん失ってしまうこと。

そんなヒマがあれば、
何でもいいから行動すべきだと私は考えます。

いい加減、普遍的な投資手法を身につけませんか?

私、谷藤は、あなたに嫌われる覚悟を持って、
率直に言います。

「新しい手法やノウハウが世に出されるたびに、
どうも気になってしまう感覚はもう捨てるべきです。」

世の中には次から次へと新しい手法がリリースされます。

投資系において次々に産まれる手法として多いのは、
「その時期にしか通用しない手法」であるということ。

わかりやすい例で言うと、少し前の話になりますが、
例えば「アベノミクス」。

2012年の11月、自民党が政権を獲ってからというものの、
アベノミクスなる経済効果により、
日経平均は8,000後半から15,000円を超えるまでに上昇しました。

書店に行けば、この波に乗って株式投資を促す本が所狭しと並び、
トレンドをつかむことに成功して一稼ぎしたプチ小金持ちが
テレビや雑誌で見られるようになりました。

結果論から言えば、アベノミクスとやらは、
単なる「一過性のトレンド」に過ぎませんでした。

国民の自民党政権への期待感がトレンドを生み、
その結果、日経平均が上昇しただけの話です。

しかも悲しいかな、アベノミクスで稼いだ人が少しずつ増え、
メディアを騒がせ、本屋さんに株の本が並び、
なんだか誰でも稼げそうだという雰囲気が蔓延したころに
神の雷のごとく発生したのが「2013年5月23日」の大暴落。

あれですべての資金をはき出した人もたくさんいます。

しかし、人間の脳というのは便利にできていて、
苦い記憶は時間が経てば忘れるようになっています。

事実、この大暴落が発生したのはわずか2年半前ですが、
その存在を忘れている方もいるかも知れません

我々はここから大事な教訓を得ました。

そうです。

一過性のトレンドに乗ることの「愚かさ」と、
そして、流行の手法が本屋さんに並んだときは、
それの「逆張り」をするべき時であるということです。

嫌われついでにもう少し重ねさせてください。

一過性のトレンドでしか通用しない手法と同様にタチが悪いのは、
たまたまその人がうまく行った手法がまとめられただけという、
非常に「属人的な色合いの濃い手法」です。

その人だから結果が出た。
その人だからその瞬間だけ稼ぐことができた。

このような手法は世の中に多くあります。

もっと言ってしまうと、
株式の「銘柄配信サービス」や
FXの「シグナル配信」などは論外です。

それが勝てるサービスなのか?という大前提の話もありますが、
それ以上にいただけないのが、
他人が考えた銘柄や価格を何も考えずに売買する朝はかさ。

たとえ、その配信サービスが勝てていたとしても、
配信する人がいなくなってしまったら終わりです。

その時に自分に残るのは何もありません。

いい加減、自分の力で生きていける投資手法を身につけませんか?
いい加減、普遍的な投資手法を身につけませんか?

もちろん、世の中にはたくさんの投資手法が存在しますので、
その中からどんな投資手法を選択するのかはあなた次第です。

しかし、たくさんの手法をこの目で見聞きしてきた私は、
「自分の力で生きていける自信がつくまでの最短距離」
を走れるのが「ロケットブレイクFX」だと断言します。

開始することのお手軽さと反比例する普遍性も持ち合わせていて、
なおかつ、
巨大な「為替相場」が崩壊するくらいの事態が起こらない限り、
この投資手法が使えなくなることは考えられません。

「これだけを信じていれば大丈夫だという安心感。」

「死ぬまでこれだけに取り組んでいれば、
収益はずっと自分の懐に入り続けるという安心感。」

この安心感を手にした時、世の中を見る目が変わります。

いつも見ている風景が根本から変わるのです。

相場からまるでお給料のように利益を得られる仕組みを得た人間が
はじめて見ることができる風景なのですから、
それまでの風景と抜本的に変わって当たり前です。

そんな新たな風景と安心感を手にした日には、
一過性の手法や属人的なノウハウ、
あるいは、銘柄配信やシグナル配信などのサービスなど
眼中に無くなります。

他のトレードスクールとの違い

私は他のトレードスクールの事情をあまり知りませんので、
私が体感した上での「違い」を言うことができません。

しかし、私がこれまでに教えてきた幾人もの教え子たちが、
口をそろえて言うことがひとつあります。

それは、谷藤一希は、
「手法のやり方を教えるだけではなく、
手法をいかに使いこなすかを教えてくれる」
ということです。

教え子たちに客観的に言われて初めて気づくことですが、
確かにこの点を意識して指導しているのは間違いのない事実です。

あなたの目の前に優れた手法があったとしましょう。

しかし、その手法を知識として得たとしても、
その手法を実践で活用して稼げなくては意味がありません。

言葉は悪いですが、それでは単なる「知識バカ」。

学校の偏差値が高くても、
それを仕事や実生活で活かすことができなくては、
単なる「頭が良い人」でおしまいです。

これまでの学校教育は覚えることが中心でした。

覚えること(インプット)に軸足が置いてあるから、
吐き出すこと(アウトプット)が極端に弱くなる。

箸の正しい持ち方をだけ教えるから、
箸がなかったときにどうすれば良いかわからない。

カレーライスが出てきたとき、
箸の使い方しか学んでいない子は、
箸でカレーライスを食べようとする。

目の前にスプーンがあれば、
そのスプーンを利用して食べれば良いのではないか。

それが食べやすかったら、それで良い。
それが自分に合うのであれば、それで良い。

そうです。

谷藤が「ロケットブレイクFX」で伝授することは、
これまでの学校教育での教え方とはまったく異なります。

つまりそれは、一般的なトレードスクールとの
大きな違いにつながっているということと同義です。

だからこそ、私は「過程」を大事にします。

これまでにお伝えしたとおり、
ロケットブレイクFXでは難しいことを一切やりません。

大げさな話ではなく、初心者でもできる手法です。

しかし、初心者でもできる手法であるからこそ、
それが知識として終わってしまうのは不幸なことです。

それをいかに使いこなすべきなのかを指導する。

これが私の指導のしかたです。

だからこそ、谷藤一希は、
「手法のやり方を教えるだけではなく、
手法をいかに使いこなすかを教えてくれる」
と私の教え子たちは口をそろえて言うのだと思います。

教え方をイメージでお伝えすると、
「自動車の教習所」のような感じかも知れません。

まずは、しっかりと座学で知識を学び、
実際にテスターを利用しながら教習所の構内を走り、
仮免として一般道を走りながらリアル運用をする。

その脇にはずっと私がついています。

結果として、私の教え子の90%以上が運転免許を取得し、
ひとりでも無事故で運転ができるようになり、
つまりは、稼げるトレーダーに変貌を遂げたのです。

それから大事な話をもう一つ。

「ロケットブレイクFX」では、
あなたが「否が応にも稼ぐための環境」が整っています。

それは「仲間」と「アウトプット」の存在です。

私がこの点もとても意識して教えているのですが、
「ロケットブレイクFX」では、
教えられたことをアウトプットする場を作ります。

それが何より学んだ本人のためになりますし、
周りの人間も尋常ではないスピードで成長していくという
実証が取れているからです。

もちろん、一匹狼のごとく、
一人でロケットブレイクFXを身に付け、
相場から利益を強奪していただいても結構です。

そうした教え子も多く存在します。

私はどちらでも結構です。

私が行うのは、ロケットブレイクFXで稼ぎたい!!
と願って集まる教え子に対し、
一刻も早くロケットブレイクFXで稼いでもらえるような
「環境」を作るだけです。

私がやるべきことは、
あなたにロケットブレイクFXを学んでいただくことではなく、
あなたにロケットブレイクFXで稼いでいただくことなのです。

その代わりに、いや、だからこそ、
私は手前ミソですが尋常ではないフォローアップをします。

どうぞ覚悟をしておいてください。

ロケットブレイクFXの内容

ロケットブレイクFXのロジック

月収100〜300万円をリアルタイムで稼いでいるロジックです。

通常、ブレイクエントリーはブレイクしたかどうかを判断するのが難しくブレイクしたと思ってエントリーしても反発して損失を出します。
なんとなくラインを引いていても、それは変わりません。

私はブレイクを数値で判断しています。
感覚でブレイクを判断しているわけではなく、数値で判断しているからこそ
教えた人たちも同じようにブレイクを判断できるのです。

かつ、ブレイクしやすい時間に絞ることで
分析の時間すらも極限まで短くすることに成功しました。

あなたはこのロジックを知ることで
チャートに張り付くことなくスマホのみを使って、
1日1〜3回、ブレイクしそうな時にだけエントリーでき、
1pipsの損切りに対して20pipsの利益という
ストレスフリーのトレードスタイルと安定収入、
そして自由な時間を得ることでしょう。

なぜ損切りが1pipsで済むのか?
なぜブレイクポイントがわかるのか?
なぜ分析が5分で終わるのか?
なぜリスクリワードが1:20になるのか?
なぜ通常のブレイクよりもチャンスが多いのか?

明確に理解できます。

さらにロケットブレイクする直前の”騙しの下落”まで利益に変える
ロケットブレイクの応用ロジックも用意しました。

このロジックを同時に使うと、上昇する時の最大利益を取り、
さらにブレイク前の騙しの下落すら利益に変わるでしょう。

騙しの下落で利益を取り、爆発する上昇で利益を取る。

その2つのエントリーポイントも数値で説明しているため
初心者でも同じように取り組むことが可能です。

内容を一部説明すると・・・

ロケットブレイクFXのブレイクポイント

ブレイクを見極めるのに、インジケーターや複雑な指標は入りません。ロケットブレイクFXのブレイクポイントの見極めは、ツールを使わずとも2クリックで完結するレベルでシンプルです。しかし忘れないでください。このロジックを使いこなす人は9割以上が勝ち組トレーダーへ変貌していることを。教え子が2週間で100万円の利益を出しているのもシンプルかつ、使いこなしやすいロジックだからです。このロジックがあなたを月収100万円トレーダーの新世界へ導いてくれるでしょう。

損切りが1pipsどころか、利益を出しながら損切りできる6つのルールとは?

損きりが1pipsと伝えていましたが、実は利益を出しながら損切りをすることもできるのがロケットブレイクです。ブレイクするかしないかは見極めが難しいですが、「ブレイクした」と判断するのは簡単です。上に勢い良く伸びていくことが多いからです。つまり、ブレイクしなかった時の判断がすぐにできるため、損切りも早くできるのです。損切り1pipsではなく、0pipsかプラスで決済することが多いのも、この6つのルールがあるからです。

限りなくブレイクする可能性が高くなるポイントとは?

通常、ブレイクを取るためにはチャートに張り付く必要がありますが、このポイントを意識するだけでチャートに張り付く必要が無くなります。たった一つのことだけを意識すれば良いからです。余計な指標を使わない方がブレイクポイントを正確に判断できると理解できるでしょう。

意識されるラインの引き方とpips数とは?

ラインの引き方は簡単ですが、引き方が人によって教え方が違うことが混乱を招いているようです。私のブレイクラインの引き方は超シンプル。誤差●pips以内という教え方をしますので、全員が同じラインを引くことが可能です。チャートを一目見ればどこでブレイクするか、全員がわかるようになるでしょう。

「ブレイクした」と判断するのに最適なpips数とは?

ブレイク判断を目視で行っていませんか?何となくの感性だけでは、一部の天才しかブレイクを取ることができません。ブレイクを判断する時にpipsで判断することによって、再現性が高いトレードが可能となります。私のみならず、教えた方たちが大きく成果を上げているのも、数値ベースで理解しているからです。あなたも同様に、簡単に理解できます。

安全かつ莫大な利益を取り続けるトレード法とは?

天井まで一気通貫でトレードするよりも、利益を伸ばしつつ安全にトレードをする方法があります。この方法を用いるとトレードの安定感が増し、ストレスが無くトレードができるようになります。利益目標を2つに増やすことで、通常の目標利益よりも安全に、大幅に取れることでしょう。

ロケットブレイクのエンジンを改良!さらに上に突き抜ける応用ロジックとは?

通常のブレイクよりもさらに上に突き抜ける応用ロジックがあります。このロジックはある条件を満たすと、通常よりも大きく上に突き抜け、一瞬で大きな利益を取ることも可能となります。現れるサインは実に明確。反発の可能性もより低くなるため、このパターンが出たら鉄板で儲かると言っても過言ではありません。

ロケットブレイク前の下落を利益に変える!エントリーのロジックとは?

通常であれば反発と感じる部分が、このロジックを知ると下落の利益も取れ、ブレイクの利益も両方取れてしまうのです。利益が積み重なるスピードも早い上に、この下落からのブレイクは大きく伸びます。ほぼ底値圏から最大利益を狙えるため、通常よりも大きな利益を狙うことができるでしょう。考え方を理解すると今までに取ったことのない利益が日常ベースで積み重ねることが可能です。

ロケットブレイクツール

ロケットブレイクのポイントが判断できるツールです。

ブレイクポイントは非常にわかりやすく、明確ですがミスが無いように自動的にポイントがわかるようにツールを使っていただきます。

このツールを使うメリットは
エントリーポイントが視覚的にすぐ判断でき
24時間ブレイクチャンスを教えてくれるということです。

これにより、チャンスが起きやすい4つの時間帯を確認する手間すら
省けてしまうということになります。

”メールが来た時だけチャートを確認すれば良い”
というトレードもできてしまうのです。

私は現在、メールが来た時だけ開いています。
このツールのおかで、もともと少ないトレード時間がさらに減りました。

エントリーポイントが明確になるということは
収益の増加も期待でき、自由な時間も増えます。

ぜひ活用して欲しいツールとなります。

内容を一部説明すると・・・

ブレイクポイントが一目瞭然!ブレイクライン自動判別機能

ロケットブレイクFXのブレイクポイントを自動で表示する機能になります。ブレイクが起きる直前のポイントを表示するため、私と同様にブレイクの最大利益を狙うことができます。利益が見込めるポイントだけを表示するため、トレードのミスが減ることは間違いないでしょう。初心者の方にはぜひ使って欲しい機能となります。

ブレイクポイントを自動でお知らせ!アラートメール機能

ブレイクが起きる直前になったらメールでアラートを飛ばします。このメールが来てチャートを開き、判断ができるためチャートとにらめっこする必要はありません。ロケットブレイクに慣れてくれば必要な時だけ開き、2分程度で注文を入れてほったらかし、という使い方もできます。あなたの手間を極限まで省く機能となります。

図解インストールマニュアル

PC初心者の方でも悩む必要はありません。ツールをインストールする際に迷わずにインストールし、すぐにツールが使えるようマニュアルを用意しました。セットアップは慣れている人であれば10分。トレードツールを全く使ったことない方でも30分もあればインストールできます。届いたら即座にインストールし、トレードに役立ててください。

動作環境

OS:Windows7(32bit/64bit)・WindowsVista・WindowsXP、CPU:Pentium1GHz以上、メモリ:512MB以上、解像度:1024×768以上、通信環境:ブロードバンド回線(ADSL回線・光ファイバー回線等)

全12回トレードセミナー動画

あなたが投資のことを何も知らなくても全く問題ありません。

投資とは、FXとは、勝つ人と負ける人の考え方とは?
全てを0からわかりやすく説明します。

基礎中の基礎である考え方からトレードの仕方。
資金管理。初心者向けに口座開設。
ライン分析から抵抗帯まで全てを丁寧に解説します。

FX全てを網羅する作りになっています。

そのため、上級者の方は知っている場合もあると思いますが
あらためて確認のために見ることをお勧めします。

初心者の方はこの動画を見ることでFXの全貌を知れるため
迷うことなくトレードへ取り組めることでしょう。

内容を一部説明すると・・・

夢と目的を叶えるトレーダーになる土台 インベスタートライアングル

初心者の方ほど何を学んでいいのかわからなくなるのは、ロジックだけを教わっているからです。FXにおいて重要なのは、ロジックだけではありません。ロジックを使いこなす環境であったり、心構えも同じぐらい重要なのです。ムキになってトレード回数を増やしたり、ルール以外のことをやってしまうのはその典型例です。全てを理解し体感すれば、「トレードで勝てない」という状況は無くなるでしょう。

損切りをコントロールし、負けずに勝つ方法とは?

稼ぎたい、勝ちたい、儲けたい。と考えるのは当たり前ですが、トレードは損切りを極めた人が勝つと言っても過言ではありません。損切りは慣れてくればプラスで決済できますし、間違った時にすぐに決済できるかどうかが重要となります。損切りで持つべき心構えと損切りしつつも勝つための心構えと方法を教えます。

30万円を12ヶ月後に267万円へ増やし、2年7ヶ月後に1億円へ到達する道筋とは?

FXではいかに負けないか、損失を減らしていかに複利で増やしていくかが重要です。土台を構築しさえすれば、資金は複利でいくらでも増えていきます。決して無理をせず、自分の器を広げて徐々に資金を増やしてトレードしていけば、結果は自然と出ます。まずは損切りを徹底し、複利を邪魔しないトレードをしていきましょう。

ファンダメンタルとテクニカルの組み合わせ方とは?

経済指標は極論、必要ありません。しかし、大きくチャートが動く可能性が高い、たとえば雇用統計の時にポジションを持っていると大きく振られマイナスになる可能性も高まります。そういったロジック以外に起こり得るリスクを知っておくことでプラスにもマイナスにもなるのです。指標についてどのようにアプローチするのかを解説します。

ロケットブレイクFXにおける資金管理の考え方とは?

投資、とりわけFXにおいて資金管理は非常に重要です。多くの方が資金管理を間違えてメンタルが崩壊し、おかしなトレードを始めてしまうので、明確な数値で決めておくことが必要です。ロケットブレイクは損切りが少ないため、この資金の配分を覚えておけば、資産の積み上がり方は通常とは大きく変化するでしょう。大きく稼いだ後は、しっかり資金を守ることです。

特に動きやすく、利益の取りやすい時間帯とは?

ロケットブレイクFXにおいて、動く時間帯は非常に重要です。この時間帯さえ意識してトレードすれば、全体の収益はうなぎのぼりで変化するでしょう。ツールを使えばタイミングは考えなくても構いませんが、練習のために最初は見ておくことをお勧めします。チャンスは間違いなく、増えるでしょう。

手法を覚えるだけで無く、使いこなすために必要なこととは?

手法を知って終わりではなく、使いこなしてこそ勝てるトレーダーへなるのです。ロケットブレイクFXのロジックはシンプルなのは、使いこなすことを主眼に作られているからです。ブレイクを取れるように、ぜひこのトレーニング法を知ってください。非常に短期間でロケットブレイクの手法を身につけることができるでしょう。

「トレードはメンタルが大事」と言われている本当の意味とは?

「勝てない」それはなぜでしょうか?理由は簡単です。勝てる行動を取っていないからです。すなわち、ルールを守ることです。トレードにはルールが大事と言われていますが、ルールを守れる人と守れない人の差は、ごくごくわずかな差によるものです。この1項目を理解できればあなたのトレードはより安定し、ぶれない軸ができあがり、相場から定期的に利益を取ってこれるでしょう。

時給を上げ、お金に稼いでもらう方法とは?

FXで時間的、経済的自由を目指す方も多いかと思います。しかし、損失が続けば時間的、経済的自由とは程遠い結果になることも確か。トレードにおいては、損失を出さないためにある考え方が重要になります。この考えを落とし込めば落とし込むほど、あなたは自由な時間を確保できることでしょう。

ポジポジ病・もてない病を解消する方法とは?

ポジポジ病の欲・ポジションをもてない病の恐怖を改善し、平常心でトレードをする方法を解説します。すべては感情のコントロールになりますが、初心者ではなかなかそれができないもの。しかし明確なやり方を知っていれば最短で病は改善され、一流トレーダーのマインドセットを持つことが可能です。この方法で不安のないトレードをし、ストレスなく稼いでください。

チャート上に現れる人間心理を読む方法

チャートは人間心理の集合体と言われますが、チャート上に人間心理がどのように現れているのかを読み解く方法があります。人が反応しやすいポイントというのは決まっているため、このポイントを押さえておくだけでもブレイクが取りやすくなるでしょう。

ブレイクする肝!抵抗帯ラインの見極め方とは?

多くの場合、ラインを引く時の基準が人によってバラバラです。たとえば、ヒゲに引くのか、ローソク足の実体に引くのか、長いヒゲはどうするのか?といった疑問が多く出るため、ラインだらけのチャートになりがちです。私の抵抗帯を引く方法は非常にシンプルです。引く本数も少なく、チャートをシンプルに理解することができるため、ブレイクポイントが一目瞭然でわかるのです。すべての見極め方をあなたに伝授します。

東京・大阪セミナー(動画配信あり)

私がやっているトレードの裏側をお伝えすると同時に過去のチャートを動かしながら模擬トレードとチャート分析を行います。

実際の相場から
なぜここで買ったのか
なぜここで売ったのか
エントリー後にどのような考え方をしているのか
すべて詳細に解説します。

実践ワークを一緒に行うことにより
・トレードするのが怖い
・実際にどうトレードすればいいのか?

といった悩みが払拭され、
どのようなトレードをすればいいのかが
肌で体感できるようになります。

実際に勝てるイメージが湧くでしょう。
また、セミナーだけで話す情報もあるので、期待しておいてください。

内容を一部説明すると・・・

ロケットブレイクFX実践ワーク

セミナーの肝となる実際の相場を使ってのチャート練習になります。目の前でチャートを表示し、私とあなたで模擬トレードを行います。これにより、自分の判断が正しかったのか?間違っていたのか?がすぐにわかり、次の日からトレードに生かすことができます。初心者の方は悩むことなく、実際にどうトレードすればいいのかが一目瞭然でわかるでしょう。

ロケットブレイクFXのロジックを詳細に解説

テキストで解説しきれなかった部分を詳細に解説していきます。損切りや資金管理、ブレイクや抵抗帯など、その時に合わせて最適と思われる内容を解説していきます。みんなで理解を深めていきましょう。

リアルタイムの相場に合わせたロジックの解説

直近の相場の動きを解説し、どのように対処すればよかったのか?を復習していきます。直近のトレードの答え合わせができるため、あなたのトレードが正しかったのかを確認することができます。直近に行った自分のトレードと私のトレードを見比べることで、トレードスキルはぐんぐん向上するでしょう。

過去のチャートでパターンを解説

チャートが動いた場合にどうするか?動かない時にどうするか?を解説します。過去の相場を知ることで未来の相場での同じパターンに対処できます。同じような場面は何度も出くわすので、過去のチャートパターンをマスターしておけば、未来の相場にも余裕を持ったトレードができるでしょう。

横のつながりを作って仲良くなるアフターミーティング

私や同じ塾生の仲間たちとセミナー後にミーティングをします。わからないところを直接質問でき、すぐに回答を聞くことができます。また、参加している塾生と横のつながりもできるため、貴重なトレード仲間を作ることができます。皆トレードがうまくなりたい意思がある共通の仲間なので、アフターミーティングではアットホームな感じを作りたいと思っています。どんどん仲間を作っていきましょう。食事代は実費となります。

ロケットブレイクFX 23の事例集

ロケットブレイクFXの事例を23パターン用意しました。

通常のブレイクの取り方からチャンスを騙しを取るパターンまで私が現在進行形で利益を取っているチャートをピックアップしました。

通常のブレイクパターンから騙しの下落を利益に変えるパターンロケットのように上昇するブレイクのパターンまで
すべての事例が詰まっています。

この正解パターンを見続けることで、
チャートを見ただけで一瞬で判断できるようになるため
数多くのブレイクを取れ、ブレイク前の下落も取れ
儲かる上にストレスフリーのトレーダーへ変貌することでしょう。

週に1回、リアルトレード実例集。

私がどのようなトレードを行ったのかを週に1回配信します。

ブレイクの判断からエントリー後の考え方、
損切りする時のタイミングなど、詳細に解説しますので
私と一緒にトレードをしているような感覚をつかめるはずです。

事例集と同じく、事例を見続けることで
動画を見るだけでもブレイクポイントが感覚的にわかるようになります。
それこそチャートを開いて一瞬でブレイクするかしないか見えます。

3ヶ月間、ブレイクポイントを見続けることで
あなたの口座も3ヶ月前とは違う
マイナスを減らしてプラスを得る利益曲線を描くことができるでしょう。

徹底サポート

あなたの質問には徹底的に答えます。
約3ヶ月間・無制限にメールサポートします。
わかるまで何度でも聞いてください。

FXは孤独との勝負です。
しかしあなたは孤独になる必要はありません。

せっかく私と繋がっているのですから
私と一緒にトレードの技術を高めましょう。

2週間で100万円稼いだ私の教え子もよく質問をしていました。

1人よりも2人、2人よりも3人の方が楽しいし
学びや発見も多いはずです。

みんなで勝てるトレーダーへ成長し
一緒に自由な時間を過ごしましょう。

ロケットブレイクFXの価格

ここまで読み進めていただいたあなたは、
「ロケットブレイクFX」がどれほどの力を秘めたものであるかを
十分にお分かりいただけたと思いますので率直にお伝えします。

ロケットブレイクFXの価格は
228,000円です。

ブレイクアウトの手法を極めた「ロケットブレイクFX」は、
従来のトレードに対する固定概念を根底から覆しました。

以下が、ロケットブレイクFXのパフォーマンスを
一覧でまとめたものです。

  • 月利        :50%~60%
  • リスクリワード   :1:20
  • 損切り       :1Pip
  • 利食い       :20Pips
  • 勝率        :70%
  • 1日のトレード回数  :1回~3回
  • トレードにかかる時間:5分

ご覧の通り、
挑戦的な「損切りの狭さ(1Pip)」でありながら、
圧倒的な「利幅の広さ(20Pips)」を貪欲に狙い、
なおかつ「高い勝率(70%)」を誇るという、
世間のFX常識の「裏側」にある手法です。

リスクリワードは「1:20」。

それでいて、月利は「50%~60%」で着地し、
1回のトレードにかかる時間はわずかに「5分」。

そして、1日あたり「1回~3回」のトレードで完了。

もちろん、すべて「スマホ」で事足ります。

「損切り」が「速い」と、
「勝率」は「下がる」というのが
一般的なトレードの考え方です。

なぜならば、「損切り」を速くすることで、
失敗トレードの仕切り直しができ、
一からトレードの出直しができるからです。

だからこそ、損切りを速くすればするほど、
勝率というものは低くなっていくのです。

にもかかわらず、
上記のように「ロケットブレイクFX」は、
「損切りが1Pip」でありながら、
「勝率が70%」というあり得ない高勝率。

更にこれまでに私はたくさんのトレーダーを育ててきましたが、
実にその「90%以上」が勝てるトレーダーになりました。

しかも、勝てるトレーダーに変貌した教え子は、

  • 教えてから2週間後に200万円を悠々と稼いだ教え子
  • 100万円、200万円と安定月収をあげる教え子
  • いきなり運用資金を倍にしてしまった教え子
  • 月のアベレージが200Pipsを超える教え子

などなど、強烈な個性を持ったトレーダーに育っています。

こんなに簡易に向き合える投資手法にもかかわらず、
「相場経験」「投資の知識」「経済の知識」は必要なく、
「5万円」という少額から開始することが可能で、
なおかつ、リスクが極端に限定されている手法です。

繰り返しになりますが、
損切り幅が「1Pip」で、利食い幅が「20Pips」で、
なおかつ「勝率70%」というのですから、
「こんなにリスクが限定された手法など見たことがない」
とやっかまれるのも、数字にしてみるとよくわかります。

例えば、ロケットブレイクFXのパフォーマンスにのっとり、
仮にトレードを「10回」行ったとしましょう。

勝率は70%なのですから、勝敗は「7勝3敗」となり、
勝ちトレードは「7勝×20Pips」=「140Pips」
負けトレードは「3敗×1Pip」=「3Pips」
となります。

手残りは、「140Pips」-「3Pips」=「137Pips」となり、
10回のトレードごとに「137Pips」が残る計算となります。

仮に10万通貨でトレードすれば「137,000円」の利益です。
私のように50万通貨でトレードすれば「685,000円」の利益です。
100万通貨でトレードすれば「1,370,000円」の利益です。

これほどまでの爆発力を秘めた手法にもかかわらず、
流行り廃りが考えられないため、
末永く稼ぎ続けることが可能です。

改めてあなたにお聞きします。

これだけ稼ぐことに対する「敷居が低い」手法でありながら、
月利で50%~60%を、貪欲に長く安定して望むことができる。

こんな手法を懇切丁寧に説明する教育機関が
これまでにこの世に存在したでしょうか。

あなたは、「ロケットブレイクFX」を身につけることで、
「得たい利益を得たいときに得られる力」を得られるでしょう。

だから私は安売りをするつもりはありませんし、
ヤル気も無いのに参加されても迷惑なだけです。

そういった思いも込めて、
今回、募集する「ロケットブレイクFX」は、
あり得ない価格で提供させていただくことに決めました。

分割決済もご用意しました。

スクールの価値は分かったけど、
どうしても金銭的に厳しいということもあると思います。

私自身の経歴でも触れましたが、
わずか5年前、平成の時代に電気もガスも水道も止まり、
お米をもらっても電気も水も無いから食べられないという
表現のしようがないようなどん底の状態を味わった私ですから、
今、スクール代金を持ち合わせがない人にとっては、
この価格が非常に高額であることも承知しています。

あなたが「ロケットブレイクFX」を身につけ、
「得たい利益を得たいときに得られる力」を得たいのであれば、
この価格が、常識的に考えて、安いものだと感じると思います。

しかし、今の何もない状態では、
確かに高いと感じてしまうかも知れません。

ですから、
今回は特別に分割決済にも対応させていただくことしました。

分割にすると、月々わずか9,500円くらいで、
「ロケットブレイクFX」を
身につけることができるということになります。

1日に計算すると、わずか317円。

1日275円で、自分の新しい将来を買えると考えると、
それは、高い買い物でしょうか?安い買い物でしょうか?

「得たい利益を得たいときに得られる力」を
強く確保したいと思っている方に限り、
今はお金が無かったとしても、とりあえず分割支払で参加しておき、
先に稼いでから払うという考え方も良いと考えます。

少なくとも私がかかわっている取り組みにおいては、
チャンスは皆に公平に行き渡るようにしたいですから。



ダウンロード版 案内PDF9ページ・動画24時間
ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイページから商品をダウンロードしてください。

募集期間は、12月1日から
12月16日の16日間
となります。

販売期間は「16日間」と決めさせていただいています。

具体的に言えば、12月1日(火)~12月16日(水)です。

募集はインターネットを利用して広く募集をしますが、
募集期間が終了したら、セミナーやサポートに集中します。

ですので、メリハリを付けるためにも、
上述したように販売期間は「16日間限定」とさせていただきます。

12月16日を「1日」でも過ぎたら、
「ロケットブレイクFX」には
参加できなくなりますのでくれぐれもご注意ください。

塾の期間は3ヶ月間です。

ダラダラと長くやってもしょうがないですし、
3ヶ月もあれば「ロケットブレイクFX」は身に付きます。

早い方であれば、2ヶ月目には、
「自分のトレード力だけで生きる自信」がつき、
今後の人生をどのように生きていくのか、
具体的なプランを虎視眈々と検討していることになります。

いわんや3ヶ月後には、もはや私の元から離れて、
新たな人生の第一歩を刻んでいるかも知れません。

「ロケットブレイクFX」の3ヶ月間という塾の期間は、
いつもの生活の延長線上にある「3ヶ月間」ではありません。

「ロケットブレイクFX」を身につけるには十分な期間であり、
新たな人生の第一歩を踏み出す準備期間でもあるのです。

だからこそ、あなたがこれまでに経験をしたことがないような
濃密な3ヶ月間に間違いなくなると、私は断言できるのです。

Q&A

投資に関しては全くの初心者ですが、
ロケットブレイクFXに参加できますか?

ロケットブレイクFXに取り組むためには、
投資の知識、相場の判断力、経済の情報は必要ありません。

むしろ、これまでの私の教え子を見ていると
余計な投資の予備知識は無い方が結果は出やすいかも知れません。

私の経験上、変な型が染み付いている投資の中級者以上の方は、
逆に身に付くまでに少しだけ時間がかかるかも知れません。

勝てるトレーダーになれない私の教え子の「数%」は、
私の教えを素直に取り組めない方が多い傾向にあります。

初心者であるかどうかは別に気にせず、
素直に取り組めるかどうかが重要になるとご理解ください。

初心者でもできる手法なのでしょうか?

難しいことを一切やらないので初心者でも。

ロケットブレイクFXの手法はシンプルなので、
私は、手法そのものを教えると言うよりも、
使いこなすまでの方法を熱血指導します。

どんな人に向いているのでしょうか?

ロケットブレイクFXは、シンプルな手法である上に、
難しいことを一切やらないので初心者でも取り組めます。

だからこそ「言われたことしかやらない」という人が、
最も早く結果を出す傾向にあります。

逆に言えば、
「言われたことをやらない人」や、
「素直に言うことを聞かない人」は
向いていないかも知れません。

特にトレード経験が長い方に多い傾向なのですが、
自分のトレード手法や考え方に固執してしまっていると、
わざわざ結果を出せなくしているようなものです。

ですので、私の話を素直に聞き、取り組めないのであれば、
ロケットブレイクFXには参加なされない方が良いと思います。

面白いのは、
「なんだか知らないけど勝ち続けてしまっている」
という人に、なぜ勝てているのかを聞いてみると
「言われたことしかやってないんだけどなあ・・・」
という回答になることが非常に多いのが特徴的です。

パソコンが苦手なのですが、「ロケットブレイクFX」に参加できますか?

あまり気にしなくて結構です。

私の教え子で結果を出している人は、
上は70代の方までいらっしゃいます。

特にパソコンが得意な方が多いわけではありません。

むしろ苦手な方も多いですし、
そもそも私自身パソコンなんてほとんど持ち歩きません。

でも皆さん、やっていくうちに、
ロケットブレイクFXを着実に自分のものにしていきます。

また、慣れてくればトレードはスマホがメインになってきます。

ロケットブレイクFXを身につけるまでの時間はどのくらいでしょうか?

まずデモトレードで資金を倍にするところから
スタートしていただきます。

早い人であれば1ヶ月でデモ資金を倍にします。

その後、「これでいける!!」という土台ができるのは
早い人で1ヶ月、遅い人でも3ヶ月あれば完成します。

その後は実践あるのみです。

安定して利益を取って行くトレーダーになるためには、
スタートから3ヶ月~半年を目安にしてください。

これだけの手法をこれだけの期間で身につけられるのは、
ロケットブレイクFXという手法のシンプルさもありますが、
同時に否が応にも稼ぐための環境が整っているからでもあります。

「手法」×「環境」を利用して、
一刻も早く勝てるトレーダーになってください。

ロケットブレイクFXは一過性の手法ではないのでしょうか?

違います。

ひとたびロケットブレイクFXがあなた自身に身につけば、
それを崩さない限り、ずっと使い続けることができます。

月単位でマイナスが付くことはほとんどないでしょう。

もちろん、特定の相場だけに効く手法ではないので、
相場付きが変わったとしてもやり方は変わりません。

また、相場に応じて、資金コントロールなどによる
微調整ができるという特性もあります。

一番いけないのは、もっと稼ごうと考えて、
ロケットブレイクFXの手法に新しい手法を混ぜたり、
インジケーターを加えたりしてしまうと、
ズルズルと身を持ち崩してしまうことがあります。

多くの人が取り組んで飽和する心配は無いのか?

その心配はありません。

そもそもFXの市場規模は非常に大きいものです。

また、ロケットブレイクFXの手法は、
取り組む人によってトレードする時間が違いますし、
トレードスタイルも違うので一定ではなりません。

飽和については考える必要がまったくないでしょう。

疑問にぶつかった時サポートしてもらえますか?

喜んでサポートをします。

開校より3ヶ月間のサポート期間を回数無制限で設けています。
質問は原則として3営業日以内に回答します。

ただし、自分で考えたり、悩んだりすることなく、
何でもかんでも直感的に質問をしてしまうような依存性の高い人は、
「ロケットブレイクFX」への参加をお見送りください。

自分の力で長く稼ぎたいという強い意志を持った人に
参加していただきたいと思っています。

サポートの適用範囲を教えてください。

サポートや、質問は、ロケットブレイクFXに
関するものに限らせていただきます。

投資助言業が必要となるような質問など、
回答者が、谷藤一希である必然性のない質問については、
回答を省略させていただく場合がありますのでご了承ください。

最低運用資金はどのくらいでしょうか?

「5万円」から利用できます。

仕事が忙しくトレードする時間が取れませんが大丈夫でしょうか?

そもそもロケットブレイクFXは、
1日に「4回」訪れる黄金の時間帯のみ狙います。

この時間帯をザックリと言うと、
お昼過ぎに1回、18時以降に3回の合計4回となっています。

18時以降でしたら多くの方が仕事帰りの時間でしょうし、
別に仕事中だったとしても、
トレード判断は慣れれば1分ほどで完了しますし、
トレード時間を合計しても5分程度で完了します。

もちろん、無理をして全部の時間を狙わなくても、
トレードができる時間帯だけ狙えば良いのですから、
仕事が忙しくトレードする時間が取れませんが・・・
という質問自体があまり合理的な質問に感じません。

ただし、あなたが日に「4回」訪れる黄金の時間帯に
一度たりともトレードができないというのであれば、
見送ってくださるのが賢明だと思います。

ロケットブレイクツールの利用制限はあるのでしょうか?

吉報です。

スクールの期間中だけでなく、
スクールが終了した後も含めて、
一切の利用制限はありません。

存分にご活用ください。

どのFX業者の口座でも稼働しますか?

どの業者でも応用できます。

ただし、ロケットブレイクツールについては
MT4上で稼働しますので、
MT4が利用できるFX業者のみ運用できます。

パソコンの性能はどれくらい必要ですか?

下記の環境下において、動作確認が取れています。
WindowsXP、Windows7、Windows8(動作確認済み)
IE7以降(動作確認済み)
※IE6以前の場合は必ずアップデートしてください。

ロケットブレイクFXのリターンはどのくらいを目指すのですか?

月の利益率で「10%~50%」を目指します。

「どれくらいの収益をあげたいか?」
という考えは、取り組む人によって違ってきます。

私の教え子を見ていてもそう感じますが、
月利で言うと「10%~50%」と上下にはブレがあります。

とは言え、皆に共通して言えることは、
「得たい利益を得たいときに得ることができる力」
を身につけたという「事実」でしょう。

ロケットブレイクFXを身に付けて、
自らのトレードスタンスが固まったら、
「10%~50%」以上を狙っても良いですし、
それ以下で落ち着いたトレードをしても結構です。

リスクはあるのでしょうか?

投資である以上、リスクがないとは言えません。

とは言え、最初に徹底的にリスクコントロールを教えるので、
リスクは限りなく低いものとご理解ください。

私は現在、損切りを「1Pip」に置いています。

しかし、ロケットブレイクFXでは最初に、
「10Pips」くらいの損切り値からスタートしてもらいます。

これでも一般的な手法と比較すると損切り値は低いでしょう。

大事なのは、FXである以上は、
必ず「負けがある」ということです。

ロケットブレイクFXでは、
いかに勝つか?ということよりも、
いかに負けるか?ということに主眼を置き、
負けをしっかりコントロールできるように育成します。

リスクを厳格に管理していると、
リターンはおのずと付いてくるものなのです。

スマホでも利用できますか?

むしろスマホで稼いでください。

ただし、3ヶ月のスクールの期間は、
できる限りパソコンを利用して学んでいただきます。

しかし、3ヶ月後、チャートをパッとみただけで、
瞬間的にどうすべきかの力はついていると思います。

そうなるとスマホひとつでもう十分です。

Macでも利用できますか?

今は、ほとんどのFX業者がMacに対応しているので、
特に気にしなくても良いと思います。

ただし、「ロケットブレイクツール」については、
MT4が利用できることが前提となります。

最近は、MacでMT4が利用できるFX業者も出てきているようですが、
主流はWindowsとなりますので、運用前にご注意ください。

教材は、申し込んでから何日くらいで届きますか?

お申し込み後14日間以内に、
購入なさった販売代理会社の購入者会員管理ページから
案内用PDFをダウンロードしてください。

教材は順次メールにてお届けいたします。

販売期間を教えてください。

2015年12月1日~12月16日の16日間となります。

それ以降は完全に手に入らなくなります。

塾の運営期間はどのくらいですか。

2016年1月12日~2016年4月10日となります。

サポート期間を教えてください。

2016年4月10日までとなります。

参加にあたり、月会費など追加の費用はあるのでしょうか?

塾期間中のリアルセミナーへの参加やサポート、
ロケットブレイクツールの利用、
谷藤からのフォローメールを含め、
一切の追加の費用はありませんのでご安心ください。

東京と大阪で開催されリアルセミナーの予定を教えてください。

下記の日程を予定しています。

東京会場:2016/3/20(土)
大阪会場:2016/3/21(日)

お忙しかったり、遠方で参加することができなかったりする方のために、
両会場ともに動画撮影をして、スクール生全員にお配りしますので
どうぞご安心ください。

決断と行動

長時間にわたって私の話に耳を傾けてくださり、
本当にありがとうございました。

最後のメッセージは、
「ロケットブレイクFX」の手法のように、
シンプルに締めたいと思います。

さて。

私はこのページの冒頭で、
あなたにこんなお願いをしました。

「あなたがなぜFXを取り組むのか?を自問自答し、
あなた自身が達成したいことを考え、
そして、紙に書き出してください。」
と。

ではここで、
あなたの「手元」にある、
あるいはあなたの「脳内」にある、

「FXを通じてあなた自身が達成したいこと」

を、今一度、思い起こしてください。

もちろん、あなたがどんなことを達成したいのかは、
私は知るよしもありません。

しかし、あなたが念じた強い思いは、
「ロケットブレイクFX」という武器を手にしたあなたならば、
必ず達成できると私は確信しています。

無論、私の確信には明確な根拠があります。

それは、
ロケットブレイクFXを身につけた私の「教え子」たちが、
何人も、何十人も、何百人も、
「ロケットブレイクFXを身に付けて
自分の歩みたい道を歩んでいる姿」
を繰り返し見続けて、そう確信しているのです。

何にも替えがたい私の確固たる根拠です。

教え子の90%以上が自信満々に、
自分が生きたい人生を生きているのですから。

そうです。

「あなたの強い意志(あなたが達成したいこと)」

「ロケットブレイクFX(達成させるエンジン)」
とが掛け合わせられたのなら、
それこそあなたは「ロケット」に乗ったかのごとく、
いとも簡単に行きたい場所に行くことができるでしょう。

私の好きな言葉に、
「決断」と
「行動」という言葉があります。

「まず決める」
そして
「やり遂げる」
ということです。

「決断」と「行動」を積み重ねた人生と
「決断」と「行動」を放棄してきた人生とを比較すると、
どれだけ人生の密度が違うのか。

これまでのあなたの人生を振り返ってみてください。

あなたの人生において、
これまでにたくさんの「決断」をしてきたことでしょう。

だからこそ、たくさんの「迷い」があったと思います。

人間、この「迷い」に出くわしたときに取る行動は2つです。

1つは「やる」
もう1つは「やらない」

仮にあなたがこれまでに迷ってきたことのうち、
そのすべてに「やる」という選択を取っていたら、
あなたの人生はどう変わっていたと思いますか?

私の経験上「やって後悔している人は極めて少ない」ものです。

そもそもやってみないと、
それがやってよかったのか、やらなければよかったのか、
それそのものがわからないのですから。

「決断」と「行動」。

「まず決める」そして「やり遂げる」。

迷っているのであればやった方がいい。

これが私の持論です。

想像してください。

今日、あなたが「ロケットブレイクFX」に取り組む「決断」をし、
今日から「3ヶ月間」全力で「行動」を取ったあとのことを。

そう、今からわずか「3ヶ月後」。

「2016年3月の初旬」のことです、

あなたは生まれて初めて、
「いつでも、いくらでも稼げる力」
をその手に得ることになっているでしょう。

「力」です。

「圧倒的に生きるための力」です。
「誰の影響も受けることのない自分だけの力」です。

あなたは得てしまうはずです。

「2016年3月の初旬」に。

「力」を。

その上で、あなた自身の

「1ヶ月後」
「1年後」
「5年後」
そして、
「10年後」の姿を、
ひとつひとつ区切って想像してみてください。

その将来像は
「1ヶ月後も、1年後も、5年後も、10年後も、
いままで通りの変わらぬ人生」
なのか、

あるいは、
「1ヶ月後から、少しずつ変化が現れ、
10年後の自分がイキイキと輝いているのか。」
なのか。

既に美しく明るいロードマップが描かれているのであれば、
「ロケットブレイクFX」は必要ありません。

しかし。

将来など怖くてゾッとして想像できないのであれば、
「ロケットブレイクFX」は、あなたを取り囲むその恐怖から、
全力で解放してくれる武器のひとつになるでしょう。

しかも、とびきり強力な武器です。

あなたが「ロケットブレイクFX」を選択するのであれば、
私は全力であなたのサポートをします。

本気の人には本気でぶつかります。

これが谷藤一希です。

大丈夫。

2016年3月の初旬、
あなたは、今とまったく違ったあなたになっているはずですから。

次は、ロケットブレイクFXのリアルセミナーで、
がっちりと握手を交わしましょう。

一般販売前に公開していた
4つの動画講座



ダウンロード版 案内PDF9ページ・動画24時間
ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイページから商品をダウンロードしてください。

お気軽にご相談ください

もし、少しでも不安なことがありましたら、
専門スタッフが無料電話相談をいたします。
あなたの疑問や不安を全て解決させていただきます。

ほんのささいなことでも構いませんので、
お気軽にお電話ください。

無料で電話相談をさせていただきます。

お勤めで帰宅が遅い方もいらっしゃると思いますので、
電話相談可能な時間帯は12:00~21:00(月〜土)まで
お受けすることができますので、ご遠慮なくお申し出ください。
(※日曜・祝日をご希望の方は事前にご連絡ください。)

どんな些細なことでもまったく構いません。

私の一方的なご案内だけでは、私の思いを伝えることができても、
あなたの不安を解消することはできないかも知れません。

あなた自身の状況をお聞かせいただき、丁寧にお答えさせていただきます。

お約束いたします

無料電話相談をご利用いただいたからといって、ロケットブレイクFXを無理にお勧めすることは決してありません。あくまでも不安な点を解消いただくための無料電話相談です。

専門スタッフに対して、疑問や不安なことをすべてぶつけていただき、その回答を聞いた結果、「やっぱり、参加は止めておこう」と思われた場合は、遠慮なく無料電話相談の中でお断りください。